« インパクトだった~ | Main | 冬のソナタ弁当 »

わが家のバカ息子

何で、可愛い息子達を「バカ息子」と称するのか?

所以は韓国の映画「猟奇的な彼女」から発端します。
昨年末に、テレビで放映されていたのを見ていたんですよ、うちの息子達は。
主人公のキョヌ君が、お母さんに「このバカ息子~!」
とそうじきの柄を持って追いかけるシーンがあるんです。
もうそれが大好きでダイスキで、私にもまねをしろっていうんです。
仕方がないので、やりました(^ ^;A
それ以来、なんかあると「このバカ息子~!」というようになってしまったんですね。

ここからは親バカな話。
かといってうちの子達は「バカ息子」ではないんですよ。
結構賢いです。
5歳の長男は、本当に誰も教えていないのにひらがな・カタカナ・アルファベット読めます。
3歳の次男は、なぜか独り言が多いんです。
内容はなぜか映画の台詞。
「猟奇的な彼女」はもちろん、「TAXI2」「MIB」など、もちろん吹き替えの台詞ですが
よく覚えているなぁと感心するほどです。

また面白いのが、「猟奇的な彼女」の主人公のお母さん役の方は
「冬のソナタ」のヨン様のお母さんでもあるんです。
よく気がつく2人は、「何でキョヌのお母さんとミニョンシー母さんはおんなじなの?」
こんな疑問をすぐに生じてくれました。
この説明、簡単なようで子どもの理解を得るのには難しいんです。
きっとまた近いうちに聞かれるんだろうなぁ~。

|

« インパクトだった~ | Main | 冬のソナタ弁当 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「韓流」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89443/3220859

Listed below are links to weblogs that reference わが家のバカ息子:

« インパクトだった~ | Main | 冬のソナタ弁当 »