« これってデート?! | Main | 春の天皇賞 »

2度目の「甘い人生」

1週間もしないうちに2度も同じ映画を見に行くなんて生まれて初めてです!

昨日、渋谷のアミューズCQNへ行ってきました。新宿武蔵野館とは違ったところは、年齢層が若かったのと男性が多かったです。マナーもよかったし^^v

かくゆー私もうちの社長(39歳)を連れて行ったので、男性視聴率アップに貢献したかな?

社長が誘ってくれたので映画に行けたのですがなぜ、この作品を社長に見せたかったかというと

①「会社」という組織のトップである彼は「ソヌ」に感情移入するか、「カン社長」に感情移入するか、興味があった事

②元プロボクサーである事

映画のあと、和食をゴチになり(デザートはアイス♪)、ホテルのスカイラウンジ(ソヌみたいな支配人はいなかったな~)ですこし(じゃないか^^;)飲みながら彼の感想を聞きました。

①に関しては、やはり「カン社長」でした。映画自体は主人公をメインに作っていくものだからしょうがないけど、社長の気持ちの分かる人でした。彼曰く、「あそこまでやる必要はないが、コミュニケーションはやっぱ大切だな。」

②はボクシングの技術うんぬんの話は出なかったけど「ソヌの想い」には共感していたようです。社長もあんな感じのシャドーボクシング絶対やった事あるなって感じました。

社長のビョンホンssiの印象は「新庄に似てる」でした。よかった~「原田泰三」じゃなくて^^(ごめんね泰三さん)

映画自身の感想は昔の仁侠映画を思い出したそうで、何作かお名前を挙げていらっしゃいました。音楽の使い方は陣内孝則主演のものに似ているそうで、雰囲気は「竜二」というものに似ているとおっしゃってました。20代前半にがーーーって仁侠映画観させられた経験がありますが、イマイチ覚えてないな~。

男性といってみて、女の私には分からなかった部分のお話を聞けて、一緒に観てくださって感謝でした。もちろんおいしーお食事も♪

で、私なりに理解できたヒスの感情について、ちょっと書いてみようかなって思います。

はじめにヒスの家にて、出かけるのに車で送ります言うソヌに対して「私から社長に言っておく」と言い切るところ。力関係は私のほうが上なのよおじさん!といわんばかりで、若さがにじみ出てますね。でも、その前に自分のケータイの上に座られていたんですから、ただでさえ嫌悪感バリバリです。

若さゆえに、暗躍した世界に程よく興味を持ってしまうんですね。だからソヌに電話をしてただパシリにするだけでなく、「殺し屋?」と平気でたずね、且つ違うと分かると「つまんない」となる。普通なら「殺し屋なんかと飯食えないよー!」となるのですが、若いヒスには「刺激のある」ものになるのでしょう。

好きな男のために身体を張ってしまうヒス。若いです!自分の命がどうなるか・・・後先考えず身体が動いてしまうんですね。うらやましい。今となっては身体を張ってでも守る相手は子供たちだけです。

「記憶を消せるというの?」あの瞬間の彼女は命を消されたほうがまだましよとでも言いたげでしたね。人に想われる気持ちを理解できないというより、余裕がない。これもまた若さゆえ。

カン社長にしてもヒスにとっては所詮は「お財布おじさん」であって、その「お財布おじさん」の本気を見て、あの後ずさりがあるのでしょう。

ソヌからの電話を無視続けたが、最期の電話には出たヒス。あれは赤いスタンドを見る前か、見た後なのか?どちらにしても、ソヌを許せたのでしょう。これほどまで「無邪気」を振りまき、周りの人を惨劇に落とした彼女ですがヒスはエリックの放った銃声、わかったのでしょうか?彼女もまた甘い夢を見ていた一人だったんですね。

|

« これってデート?! | Main | 春の天皇賞 »

「LEE BYUNG HUN」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

トラックバックありがとうございます。

若い女性心理分析読ませていただきました。
かなり理解できました。
僕もイ・ビョンホンは原田泰造というよりは新庄ににていると思います。

Posted by: NOV | May 01, 2005 at 06:04 PM

NOVさま

私なりの分析ですが、ご理解いただけてよかったです。
私ももう若くないので^^;昔の反省を踏まえての分析です。

>僕もイ・ビョンホンは原田泰造というよりは新庄ににていると思います。
男性にそのお言葉いただくと、かなりうれしいですっ!!

Posted by: うりうり | May 01, 2005 at 07:58 PM

うりうりさま、こんばんは!
私も「甘い人生」アンコール、してきちゃいました。やっぱり、すごい緊張感の2時間でした。

Posted by: rubicone | May 02, 2005 at 12:42 AM

こんばんは。
もう2回目!?さすがです!!
元プロボクサーの社長とデートですね(O`ー^)o!
感想も、じっくり拝見しましたよ~。
深いですよね、この映画。
早く2度目に行かないと…。
ええと、7日の事で業務連絡がありますので、よろしければメールくださいませ。

Posted by: agate | May 02, 2005 at 01:27 AM

rubiconeさま

TBありがとうございました。
あとでこちらからもTBさせてくださいませ。
どこで何が起きるか解っているはずの2回目なのに
かえって体が筋肉痛です。
年かも~(ToT)

Posted by: うりうり | May 02, 2005 at 11:48 AM

agateさま

あたしも同じ映画を2度も見るなんて
夢にも思わなかったですぅ。
ただ、日程考えないで行ってしまったので
トレーディングカードゲットならず(>o<)

業務連絡の件、ラジャーです!!
それでは,後ほど。

Posted by: うりうり | May 02, 2005 at 11:53 AM

 こんばんは~。 うりうりさん 2度も鑑賞うらやましい~。
私は 2日に行く予定が、行かれず・・・
未だ 鑑賞に至ってません。
はぁ~~まいったわ~~涙。

 いい社長さんですね~。元ボクサーだなんて
聞くだけで かっちょいい~~♪ソヌのように
・・・・ちょっと 怪しい仕事??(爆)・・・
で、社長さんの年齢が 微妙です・・・おほほほほ・・

ぢゃ また 来ますね~。
明日は くれよんしんちゃん鑑賞。
子持ちはつらいよ~~~泣。
 

Posted by: ぴんく | May 02, 2005 at 11:05 PM

ぴんくさま

おかえりなさいませ~♪

うちはまだ小さすぎて映画館デビューには至ってませんが
来年には「くれよんしんちゃん」いくんぢゃないかな~。
下のバカ息子のやる事なんかほんとに「しんちゃん」だしぃ( ̄▽ ̄;)
毎日が「みさえ」状態です(T0T)

GW明ければきっときっとぴんくさまにも
ソヌに逢えるチャーンスがくるはず。
待たされての逢瀬は感激もひとしおだわさ^^

Posted by: うりうり | May 03, 2005 at 12:49 AM

うりうりさん、こんにちは。
昨日に続いて今日もビョンホンssiのブログ更新されていましたね。
なんだかドキドキしています。
そしてこのタイミングであの記事が見られなくなっていたのが気になります。
あの写真好きだったのにな・・・

「甘い人生」公式ブログは、コメント40超えていたのに
いきなり半分くらいに減っていました。
自分のが消えてるとは思いもしませんでしたが、何故消されちゃったんでしょうね・・・
そんなに悪いこと書いたつもりはないんだけどな・・・

Posted by: エミン | May 03, 2005 at 07:09 PM

いいですねぇ、いいですねぇ、2度も見られて!!
私も、前回の中途半端な鑑賞では、満足できず、今度のレディースデーにでもいってみたいのですが・・・。「インファナルアフェアⅢ」も見たいしなぁ~・・・。

ところで、懐かしさのあまり、「竜二」に反応してしまった私。多分、陣内孝則主演作だったら、「ちょうちん」って映画でしょう。(「竜二」の脚本家と同じだったと思います。)
これもいい映画でしたよ。あの頃は、かなり映画見に行ってましたから・・・。でも、「ちょうちん」はバリバリの仁侠映画ってよりは、やくざ社会に居る主人公を取り巻く人たちの人間関係の悲哀って感じで、音楽の使い方だけでなく内容的にも、「甘い人生」に通じるものがあるかもしれませんね。だから、社長さんも引き合いに出されたのかも・・・。

2,3日の間、旅行に出ておりまして、お返事遅くなりましたが、また、うちのブログにも遊びに来てくださいね。

Posted by: カオリン | May 03, 2005 at 08:19 PM

エミンさま

ご来訪ありがとうございますm(_"_)m
私もあの写真好きだったので、ちょっと残念です。
「遠近法」キレイに使えるのはやはり
「撮られるプロ」ですよね。

「甘い人生」公式ブログの件はかなりショックでした。
エミンさまのコメントも読ませていただきましたが
「悪意」はないし、誰一人映画に対してマイナスコメントを
出している方はいらっしゃらなかったのに・・・。
本当に残念でした。

Posted by: うりうり | May 03, 2005 at 09:12 PM

カオリンさま

おかえりなさいませ~!
社長が話していた「ちょうちん」
タイトルがわかってウレピーですぅ♪
今度、レンタルしてみます。
ありがとうございました。

次はじっくりと「甘い」(ホントは甘くないけど^^;)
世界に浸っていただける事
祈ってますね~。

Posted by: うりうり | May 03, 2005 at 09:23 PM

うりうり様
コメントありがとうございました
すごーーーーーーーくカッコイイと思いました。
だからなおのこそ、砂まみれになったり、血だらけになったり
涙お誘うほどかわいそうですたーー。(T_T)

Posted by: rika | May 03, 2005 at 09:42 PM

rikaさま

こちらこそTB&コメントありがとうございました。
よい男は何をやっても様になる分
辛さも倍増ですね。
本当に甘苦い映画でした。

Posted by: うりうり | May 04, 2005 at 12:11 AM

うりうりさま、初めてコメントさせて頂きます。ペコと申します。
でも、以前からこっそり、お邪魔させて頂いておりました。
私も、「甘い人生」アンコール組です。
そして、この先、何度映画館に足を運ぶかわからないくらい、はまってしまいました。
上のレビューのピンクの部分のほとんどが、私の気づかなかった部分なので、今度は、そこを意識してみてきますね。

Posted by: peko | May 04, 2005 at 06:07 AM

pekoさま

コメントありがとうございますm(_"_)m
描写がもう少しあったほうがとよく言われてます?が
だからこそ、いろんな登場人物の感情移入ができて
何度も見たくなる映画なんではないかと思ってます。
今度は「ヒス」になってソヌに愛されながら見てくださいね~♪

Posted by: うりうり | May 04, 2005 at 09:46 AM

うりうりさん、トラバありがとうございました。
今頃ごめんなさい!

私のブログ、いろんなこと書きまくりでわけわからん!てな
具合なので、近々ビョンホンシとか映画用にわけようかな~って
思っています。
って、GW中にしなさいよっ!って感じですが。
週末に美日々コンサートに行っちゃうので、遠のくかもかも。。。(笑)
楽しみですね。
来日もされたし。。。ふふ。
目がハートになってません?私はもちろんなってます。

Posted by: kaorun | May 06, 2005 at 03:13 AM

kaorunさま
 
こちらこそ、コメントありがとうございました。
私も思った以上にビョンホンssiの話題が多くなったので
もう一つ立ち上げてしまいました。
kaorunさまもぜひぜひもう一つ立ち上げてみてくださいませ^^

>目がハートになってません?
実は、前回の来日ほどではないんです。というのも
今回は「生ビョンホンssi」に逢えるから!!
私は明日のお昼にコンサートに行きます。
もしかしてkaorunさまとお会いできるかな?!

Posted by: うりうり | May 06, 2005 at 11:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89443/3925250

Listed below are links to weblogs that reference 2度目の「甘い人生」:

» 映画『甘い人生』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ これまたずーっと楽しみにしていました、いえ、めちゃめちゃ楽しみにしてました『甘い人生』。だっ�... [Read More]

Tracked on May 01, 2005 at 02:15 AM

» a Bittersweet Life-甘い人生日韓公開記念プレゼンツ- [Hangeul ART - はんぐるあ〜と]
 Dalkomhan Insaeng [Read More]

Tracked on May 01, 2005 at 01:32 PM

» 映画『甘い人生』 [EVERSMILE(エバースマイル)]
『甘い人生』公式サイト『甘い人生』を上映している映画館は?『甘い人生』イ・ビョンホン独占インタビュー - FLiXムービーサイト『甘い人生』はフィルム・ノワール的要素に満ちた作品で、イ・ビョンホン主演の本格的アクション映画。イ・ビョンホンの壮絶な生き様がこの作品『甘い人生』... [Read More]

Tracked on May 01, 2005 at 06:04 PM

» 「甘い人生」アンコール [Casa de lapiz:鉛筆庵]
今日は仕事の一日だった。で、夜になって、かねてよりのお約束で「甘い人生」(私にとっては、アンコール!)見に行ってきた。 一つ前の回は結構、お客多かったが、私が入った回は夜ということであろうか、またまたゆったり・・・!カップルで、という組み合わせが目立った。そうだよなあ、これは男性が見て楽しむ映画だよなあ。 まあ、二回目ということで細かいとこに目がいくかとも思ったが・・・... [Read More]

Tracked on May 02, 2005 at 12:43 AM

» 甘い人生 [エンタメ!ブレイク?]
アナタはきっと、深い悲哀をたたえ、かつてない壮絶な姿となるビョン様が、ああ!!こ [Read More]

Tracked on May 02, 2005 at 04:26 AM

» NAVER知識Q&A [Lee Byunghunは男前Blog]
甘い人生 イ・ビョンホンが働くホテルバーはどこ? 甘い人生見たのですが、とてもおもしろかったですね〜 イ・ビョンホンが働くホテルバー、どこですか? インテリアと夜景が・・・ 行ってみたいです〜 映画ではクラウンホテルとでてきたけど・・・ ご存知の方お願いします〜 変わった視点の記事を翻訳してみました 続きはまた後程、、、... [Read More]

Tracked on May 02, 2005 at 05:06 PM

» 甘い人生 [世界は映画でまわってる。]
イ・ビョンホンがゾンビになってました。 決してそんなあなたが観たかった訳ではありません。 これは、私の代表作になる。 という予告編のコピーですが、個人的にはあえて代表作に推したくはないカンジ。 だって、銃だの血みどろだのって、怖くて。<いや、だから個人的にね? でも、アクション満載なので、 「妻につきあわされて観たけど、なかなか良いな」 てなカンジで、イ・ビョンホンのファン層が広がっていいかもしれません。<観せるダンナがおらん 私がいちばんカッコいいと思ったイ・ビョンホン... [Read More]

Tracked on May 03, 2005 at 12:41 AM

» ★★★★「甘い人生」イ・ビョンホン、キム・ヨンチョル、シン・ミナ [こぶたのベイブウ映画日記]
なぜ彼が死なないのか不思議だったが、最後になって、やっとその理由が分かった。○○○ながら、緊張感ただよう展開、暴行、殺戮シーンの迫力に騙された。心が揺れ、一時の甘い夢を見ても、それが現実だったら殺されてしまう。自分の立場を理解していながら叶わぬ夢を見る...... [Read More]

Tracked on May 03, 2005 at 11:53 PM

» a Bittersweet life 2度目観てきました。 [RGBとCMYの不思議な関係]
※ビョンホンシのブログにあった、ファンへのメッセージを訳してみました。 このページの最後に載せていますので、ご覧になりたい方は、続きをクリックしてください。 今日、「甘い人生」を観た。これで、2度目。今度は、少し冷静に観ることが出来た。 そしたら、1度目は、勘違いで、感動していた部分があることに気づいた。 どうやら、私は、自分の心境に映画のストーリーを限りなく近づけて観ているらしい。 でも、人は多かれ少なかれ、みんな同じような見方をしているのでは無かろうか。 だったら、同じ映画を... [Read More]

Tracked on May 04, 2005 at 10:04 AM

» 映画「甘い人生」 [こまったちゃんのきまぐれ感想記]
「甘い人生」開映18:30@錦糸町シネマ8楽天地 「甘い人生」 2005年 韓国 配給:ヘラルド 監督・脚本:キム・ジウン  製作:オ・ジョンワン、イ・ユジン  出演:イ・ビョンホン、シン・ミナ、キム・ヨンチョル、ファン・ジョンミン、    チン・グ、エリック  上映時間:120分 R−15   韓流ドラマにはまったおば様たちが観るには少々ヘビイじゃなかろうか。 ふと、心配にな�... [Read More]

Tracked on May 07, 2005 at 12:43 AM

» 「甘い人生」 イ・ビョンホンの為の映画 [映画の話をしませんか?]
「甘い人生」。 一言で言って、イ・ビョンホンのイ・ビョンホンによるイ・ビョンホン [Read More]

Tracked on May 10, 2005 at 08:45 PM

» 甘い人生 2004年 鑑賞記 [美しき韓流な日々]
ふー、なにを今頃って感じですが、5月5日、ビョンホンssiが来日した日に、やっと見てきました。でもねー、魂抜かれちゃって、全然レビュー書けない状態で・・・ でも、印象が薄れないうちに、まずは初見のレビューを書いておかなくてはね。ふー。(ためいき)... [Read More]

Tracked on May 12, 2005 at 12:48 AM

» 映画「甘い人生」見ました☆ [どうせ誰も見てませんからっ☆★]
ビョン様こと、イ・ビョンホン主演の映画です☆ 物語は ビョン様演じるキム・ソヌは、冷徹無比な裏社会にも通じるホテル社長の右腕として、レストラン支配人にまで登りつめた冷酷で完璧な男。彼はある日小さな選択を誤り、破滅の道を歩む。 というモノです。 とにか... [Read More]

Tracked on July 17, 2005 at 08:05 PM

» イ・ビョンホン 『甘い人生』 [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『甘い人生』公式サイト:http://www.amaijinsei.com/ 原題:a Bittersweet Life製作:2005年韓国監督・脚本:キム・ジウン出演:イ・ビョンホン/キム・ヨンチョル/シン・ミナ/キム・レハ/ファン・ジョンミンソウルを一望できる優雅なスカイラウンジ。ここはソヌの城....... [Read More]

Tracked on October 19, 2005 at 06:57 AM

» NO.110「甘い人生/キム・ジウン監督」 [サーカスな日々]
「商人」のような「過剰さ」で自滅した作品 もともと「箪笥」というオカルトブームに便乗して制作した様でありながら、やけに芸術的なコマワリと様式美を「過剰」に詰め込んでいた監督だな、という印象を本作のキム・ジウン監督にはもっていた。 「芸術のように撮って、商人のように編集する」 解説のジウン監督のこの一言に、この作品の「過剰」もいいつくされている。 物語は単純だ。7年間ボスであるカン(キム・ヨンチェル)に忠実に仕え�... [Read More]

Tracked on January 19, 2006 at 05:55 PM

« これってデート?! | Main | 春の天皇賞 »