« 行っちゃいました!「甘い人生」 | Main | 2度目の「甘い人生写真展」 »

続・「甘い人生」鑑賞記!

ギネス片手に「PRIDE」と「オールイン」立て続けで見てしまった^^;気がついたら日付け変わってますね・・・。

それにしても、高校生以来の前売り買いと初日鑑賞。

だってぇ、落ち着かなかったんだもん!
ソヌが気になって、気になってぇ~!!

 

家事をして、子供たちを保育園に送り、仕事を1本こなして新宿武蔵野館に到着したのは11時過ぎ。
この時点で14時の回まで座席は終了してました。
16時からの回だと保育園のお迎えに間に合わないので,意を決して11時45分からの立ち見で観て来ました。

おまけにトレーディングカードいただいちゃいました

映画館のロビーには最近の雑誌記事は当たり前
ハングルで書かれた記事も貼ってありーの
モニターには「EZ!TV」の映像が流れてーの
おまけにロビー入り口にはポスターに直筆サインです!

この映画館、面白かったのが立ち見で鑑賞される方に
「座布団」貸してくれました m(_ "_)m
始まったら通路に座って構わないとの事でしたが私もまだビョンホンssiと同じ年。

諸先輩方に席を譲って、最後方中央にてある意味良い場所で堪能しました。

初日なんで、ネタバレしないようにしたいと思いますが私の印象に残った場面を少し紹介します。

何が何でもネタバレいや~

!!(>0<)!!

って方は、ここまでにしてくださいね。

カン社長がヒスのことをソヌに話す場面を見ると、私は「二人の間を壊したくない」と感じてしまったし、ソヌとは違う感情だけど二人にとって最善の方法をと、思えてしまった。ソヌがどんな目にあうか分かってたのにね。

ソヌの精神力も魅力でした。突然襲われ、宙吊りにされ、雨に打たれ、手を潰され、土の中に埋められても、命乞いせずに戦う。全てを敵に回す覚悟で挑む戦い・・・これこそまさに壮絶!そして、このシーンでの血走った目、ゾクッてきます。

ソヌとカン社長の最期のシーン、ソヌが「答えて!」と社長を問い詰めるが、『貴方も社長にちゃんと答えないからこんな目になったんじゃないの?』と突っ込みいれたかったが、そこが男の美学なんですかね?!ソヌがホントの事言ってたら、もっと悲惨な目に合ってたのかしら?最期までお互いの心のうちを言い切らず、墓場へ持っていってしまった・・・対話は大切です!残念ながら女の私にゃ理解できなかったよ。

女の私に分かった事、ヒスの感情。でもずるい!惚れた男の負けなのか?そうよ、惚れた私の負けです、ビョンホンssi

ぷっ!と笑いが出てしまうシーンも。そのときはしっかり笑いましょう!でも笑えなかったのはソヌがヒスに「アジシー(おじさん)」と呼ばれ、「(同い年なんで)私はアジュマー(おばさん)かよ(T T)」あと、パク社長のお坊ちゃま的バカっぷり、いいですよぉ。またいい俳優さんにお目にかかれました。

「風」と「照明」が印象的でした。心の揺れや乱れが風や光を使っていくところ、カンヌで受け入れられる事間違いなし!

たった2箇所しかない笑顔。何人も寄せ付けなかったソヌの心の中にヒスの笑顔が入っていったんだな~♪うらやましい・・・もう一箇所はシャドウボクシングのシーンでほんの少しだけ。こっちの笑顔もよかったわ。

エンドロール、絶対最後まで観て下さいね!!象徴的でした。

見逃したのかもしれないシーン。ポスターのソヌはタバコ持ってたけど、映画では無かったよね?!

やっぱり、いい男はいい男、また惚れ直してしまいました(*^^*)女性同士で見に行きたい映画NO1に選ばれていたけど、是非ぜひ、男性の方に観て頂きたい。ちなみに会社の映画好きの人には宣伝しまくってますが、月曜日はさらにプッシュしますよーー!

目標!時間作ってもう一回観たいな^^

だらだら長くなってしまいましたね。たぶん明日の朝になるとまた、いろんな想いが出てくるんでしょうね。

久しぶりに着たコムサの黒スーツ、かなり太ってしまった事を実感(--;)これはダイエットだな。。。という私の片手には2本目のギネスビールがぁぁぁぁぁっ!先は長そうです。

|

« 行っちゃいました!「甘い人生」 | Main | 2度目の「甘い人生写真展」 »

「LEE BYUNG HUN」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

おはようございます♪
昨日は、映画の余韻に浸ってるうちに、寝ちゃいました~!
今日はうりうりさんみたいに、ネタバレ本気モードの日記UPが目標です!
私も、昨日行けるか微妙でしたが、頑張りました~。
だって気になって何にも手につかないし!!

立ち見されるとは!さすがです!!
予想以上に壮絶シーンの連続でしたね~!
頑張って正視し続けてたら、肩こってましたよ…(^_^;)
でも、笑えるシーンも随所に盛り込まれてて、それが救いでした。(パク社長の存在自体が…)

ビョンホンssiと同じ年なんですね~!私はちょっと下です。

エンドロールまで、おお~!って出来でしたね~!

タバコ…あったのかな?私は気付きませんでした。2回目にチェックですね。

>やっぱり、いい男はいい男、また惚れ直してしまいました(*^^*)
うふふ。私も~!!最低もう一回は行って来ます♪
友人にも勧めまくりです。

Posted by: agate | April 24, 2005 at 06:56 AM

agateさま
おはようございます。今朝から頭は「ソヌ」モードです。
どんなんやねん?!

>ネタバレ本気モードの日記UPが目標です!
後ほど、お邪魔させていただきます。
考えてみたら立ち見も高校生以来。
映画に引き込まれたので、立ってても辛く無かったです。

>ビョンホンssiと同じ年なんですね~!私はちょっと下です。
だから私は彼を「オッパ」と呼べないんです(; ;)

Posted by: うりうり | April 24, 2005 at 09:15 AM

行きましたか、行きましたか!!うらやまし~ぃ。
あっ、どうも先日はうちのブログにコメントいただき有り難うございます。(^_^)v

私も早くいきたいよぉ~!!来週あたりに何とか時間をみつくろって、
ぜひぜひみたいと思っております!!!!!(って、気合入ってます)
かなり、カッコいいんでしょうねぇ。想像するだけで、心臓バクバクです。

ただ、キム・ジウン監督作品なんで、謎かけというか、考えながら見る映画ですか?
ビデオで「箪笥」みて、そんな作風じゃないかと・・・。
ご感想やいかに??

Posted by: カオリン | April 24, 2005 at 06:36 PM

カオリンさま
こちらこそ遊びに来ていただいてありがとうございます。
m(_"_)m
この映画は、ビョンホンssiファンのみならず
映画好きな人には絶対オススメ、観てもらいたいです。
観に行かれたら、是非TBしてくださいね。
お待ちしてます。

>ただ、キム・ジウン監督作品なんで、謎かけというか、考えながら見る映画ですか?
ホラー&スプラッタ嫌いなので「箪笥」見てません^^;
謎かけという感じは受けませんでしたが
いろいろ考えさせてくれました。
ネタバレなるかなぁ?
今日風を感じたとき、冒頭の台詞が思い浮かびました。

Posted by: うりうり | April 24, 2005 at 06:56 PM

うりうり、さんTB、コメントm(._.)mアリガトウ!
甘い宣伝文句は要注意ですね。
残酷なシーン多めでしたが本筋は『愛』でした!時間が経つにつれじわじわと心に沁みて来ます。
監督や製作陣の意思は観てからすぐには伝わらない不思議な作品だったように感じました。

Posted by: fire1000 | April 28, 2005 at 05:23 AM

fire1000さま、こちらこそTBありがとうございました。

甘い宣伝文句は、ある意味在ってるとは思うけど
もう少し別の角度から前に出していただきたかったですね。
この映画見てからずーっと登場人物の誰かのことを
考えてしまいます。
それが監督の意図だったりして?!

Posted by: うりうり | April 28, 2005 at 01:21 PM

はじめまして。
男のわたしによく解らなかったもの…ヒスの気持ち。
よろしければ、分析をお聞かせください。

Posted by: NOV | April 30, 2005 at 01:01 AM

NOVさま

もう、時効なんで書いちゃいますが
昔いわゆる「やくざ」と呼ばれる方とお付き合いしておりまして
そのときの感情と似てるんです。
このお答えはまたゆっくり書きますのでTBさせてください。

その「やくざ」サンの車にも金属バットありましたよ。
私「野球するの?」
や「抗争あったときに使うんや」
私「・・・」
や「他のもん積んどったら、サツに言い訳きかんやろ。これなら野球するからって言えるし。」
下手におつきあいする相手じゃありませんね^^;

Posted by: うりうり | April 30, 2005 at 10:46 AM

ソヌが社長に「答えて!」というシーン、あなたも答えなかった~とありましたけど、
私はソヌが、このときはまだ自分の気持ちに気付いてないから答えようが無かったと思ってたんです。
きゃー素敵ーそんなふうにソヌに思われたい~ビョンホンssiに思われたい~と、勝手に身もだえして楽しんでました(爆)
それにしても、立ち見なんて・・・すごい根性です!
同年代としてとても尊敬ですよっ!

Posted by: chishi | May 01, 2005 at 08:51 PM

chishiさま こんばんは。
こちらこそTBありがとうございました。

「答え」が上手くいえない気持ちってソヌにもカン社長にもあったんですよね。
1度目のあと、しばらく考えて、2度目に観たとき
なんとな~く感じ取れました。
「男ってバカよね(-з-)v=゜゜゜」なーんて。

先日、座ってみましたがかえって身体がこわばってしまって肩がこりました。
立ち見のときのほうが、自由に身体を動かせた分、まだましでした。
たぶん、あの時立ち見じゃーって帰ってしまったらまだ観ていないかも。
これも、ビョンホンssiを想うゆえの「ばか力」ってやつでしょう。
キャー(*^^*)

Posted by: うりうり | May 01, 2005 at 10:20 PM

はじめまして。
..唐突なんですが、もう気になって仕方ないので
どなたかおわかりになる方いらっしゃいましたら教えてくださいませんか。
『オールイン』でビョンホン氏の少年時代役をやっていた役者さんなんですが、昨日手にした雑誌の映画欄にビョンホン氏とツーショットで載っていたのです。
それが『甘い人生』でした。
彼の名前もわからないので調べようがなくて..。
ほんとに短い出演時間でしたけど『オールイン』ではとってもいい演技をしていて、多分ビョンホン氏のなせる技だと思いますが青年になってからも雰囲気とか微妙な癖とかちゃんと残してるんですよね。
『オールイン』でイナ少年役をやった俳優さんはどんな役柄で『甘い人生』に登場しているのですか??

Posted by: 教えてください! | June 02, 2005 at 10:58 AM

教えてくださいさま
こんにちは。
彼のお名前は「チン・グ」さんで
お気づきのように「オールイン」で
イナの少年時代を彼がやっています。

私は彼のファンではないので
これ以上の正確な情報はお教えできません。
今度はハンドルネーム携えて遊びにいらしてくださいね。

Posted by: うりうり | June 02, 2005 at 11:32 AM

ごっ..ごめんなさ~いm(__)m
こういったモノに書き込みするのって慣れてないもんですから
なんか思いっきりマヌケでしたね...(^^ゞ

うりうり様 ご丁寧にお応えくださいましてありがとうございました! 名前がわかっただけでも大助かりです。 といいますか..胸のつかえがすっと取れた感じです。もう気になってしょうがなかったものですから。

またゆっくりお邪魔させていただきますね。取り急ぎ御礼まで。

Posted by: しゅてるん | June 05, 2005 at 04:38 PM

しゅてるんさま
改めまして、ご来訪ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

たいした情報提供できませんでしたが、
胸のつかえが取れてくれてよかったです。
チングくん情報、見つけたら今度は私に教えてくださいね~。

Posted by: うりうり | June 05, 2005 at 05:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89443/3823932

Listed below are links to weblogs that reference 続・「甘い人生」鑑賞記!:

» 『甘い人生』 [京の昼寝〜♪]
 人を愛したことのない一人の男の一瞬の選択。  命がけで愛した者を守る、究極のラブストーリー。 ■監督・脚本 キム・ジウン ■キャスト イ・ビョンホン、キム・ヨンチョル、シン・ミナ、キム・レハ、ファン・ジョンミン  ソウルを一望できる優雅なスカイラウンジ。 ここはソヌ(イ・ビョンホン)の城だ。 7年かかってホテルの総マネージャーであるこの地位までのぼりつめた。 冷酷なほどに頭の切れる男ソヌは、表�... [Read More]

Tracked on April 24, 2005 at 05:14 PM

» 甘い人生 [エンタメ!ブレイク?]
アナタはきっと、深い悲哀をたたえ、かつてない壮絶な姿となるビョン様が、ああ!!こ [Read More]

Tracked on April 25, 2005 at 10:39 AM

» 「甘い人生」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
今日の午前中胃腸科の病院に行った後で、『甘い人生』を観る為にファボーレシティに行ってきました。 ファボーレ東宝は全席指定の為、前売り券をチケットに交換した後(なんかカードもらえました。)、上映まで時間があったので隣接されている家電量販店『コジマ』に寄ってみたところ、キャノンのデジカメ『IXY DIGITAL 500』が在庫処分で24800円で販売されておりました。私がまだ、今は無き家電量販店に勤めていた頃の売れ�... [Read More]

Tracked on April 26, 2005 at 09:38 PM

» <甘い人生> ハードアクション! 出血多量!! [ラブラブ室長!メロメロ「美しき日々」!!+韓国ドラマ通信]
テーマ:甘い人生、イ・ビョンホン、シン・ミナ   「甘い人生」見てきました。   ビョンホン様演じるソヌは冷徹で頭の切れるホテルの総マネージャー。 ボスの下、7年がかりでその地位に上り詰め、表の世界にも裏の世界にも精通している、信頼厚い片腕でしたが、ある日ボスの若い愛人(シン・ミナ)の素行調査を任されたことから、一転して転落の人生を迎えます。 人を愛したことがない男の一瞬�... [Read More]

Tracked on April 27, 2005 at 08:56 PM

» 『甘い人生』を観て来ました!#68 [★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...]
[監][脚]キム・ジウン  [製]オ・ジョンワン イ・ユジン  [出]イ・ビョンホン シン・ミナ キム・ヨンチョル  ファン・ジョンミン チン・グ エリック  2005韓/ヘラルド [上映時間] 120分・R-15 「誰にでも秘密がある」の韓流スター イ・ビョンホン主演最新作 人を愛した事がない非情なビジネスマンの 生涯に一度の情熱的な恋の てん末を鮮烈に描出 ●ストーリー● 裏社会のボス、カンが経営するホテルの 総支配人ソヌ。カンの愛人ヒスの 素行調査を... [Read More]

Tracked on April 28, 2005 at 01:49 AM

» 映画『甘い人生』 [EVERSMILE(エバースマイル)]
『甘い人生』公式サイト『甘い人生』を上映している映画館は?『甘い人生』イ・ビョンホン独占インタビュー - FLiXムービーサイト『甘い人生』はフィルム・ノワール的要素に満ちた作品で、イ・ビョンホン主演の本格的アクション映画。イ・ビョンホンの壮絶な生き様がこの作品『甘い人生』... [Read More]

Tracked on April 30, 2005 at 01:01 AM

» a Bittersweet Life-甘い人生日韓公開記念プレゼンツ- [Hangeul ART - はんぐるあ〜と]
 Dalkomhan Insaeng [Read More]

Tracked on April 30, 2005 at 11:59 AM

» ★★★★「甘い人生」イ・ビョンホン、キム・ヨンチョル、シン・ミナ [こぶたのベイブウ映画日記]
なぜ彼が死なないのか不思議だったが、最後になって、やっとその理由が分かった。○○○ながら、緊張感ただよう展開、暴行、殺戮シーンの迫力に騙された。心が揺れ、一時の甘い夢を見ても、それが現実だったら殺されてしまう。自分の立場を理解していながら叶わぬ夢を見る...... [Read More]

Tracked on April 30, 2005 at 03:42 PM

» 映画『甘い人生』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ これまたずーっと楽しみにしていました、いえ、めちゃめちゃ楽しみにしてました『甘い人生』。だっ�... [Read More]

Tracked on May 01, 2005 at 08:58 PM

» 哀しい瞳が見つめるもの [soramove]
「甘い人生」★★★★ イ・ビョンホン主演 非情に生きてきた男が 一瞬見た甘い夢。 後は転げ落ちるだけ。 なるようにしかならないとはいえ あまりに残酷な結末。 韓流ブームでありながら 決定打がなかなか出ない状況にあって、 イ・ビョンホンはこの映画で...... [Read More]

Tracked on May 01, 2005 at 09:00 PM

» 甘い人生、観ました。 [Lee-Byunghun History・・・イ・ビョン...]
ビョンホンssiが、自ら「代表作になる」と言っていた「甘い人生」 やっとソヌに逢えました♪ 「誰にでも秘密がある」が、イ・ビョンホンによる、イ・ビョンホンファンのための、イ・ビョンホンプロモ映画だったとすれば、この「甘い人生」は、ビョンホンファンでなくても、かなり楽しめる映画だと思います・・・が、 待ち焦がれていたソヌとのデートは、私にとって、とても重く、せつないものでした。。 勝手ながら、管理人が観ましたので、本日、このブログ記事に限り、コメント欄もネタバレOKとさせてもらいます。... [Read More]

Tracked on May 01, 2005 at 10:39 PM

» ●甘い人生/孤独な男の恋い [shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)]
甘い人生 ソウル、ホテルのラウンジとレストランの総マネジャー、 ソヌ(イ・ビョンホン)は冷酷で頭の切れる男だ、そして 彼は表の顔と裏の顔を持つていた。 彼の絶対な支配者であり、裏社会の絶大な力を持つボスカン氏 (キム・ヨンチョル)は若い愛人の怪しい行動を感じ、ソヌに 監視し、もし裏切りがあれば殺すか、もしくは自分に連絡を しろと命令しソウルを立つ。 人を愛することのなかった、一人の孤独な男の、一瞬の思いが 男の人生を変え... [Read More]

Tracked on May 03, 2005 at 01:16 AM

» 『甘い人生』みましたぁ! [韓ドラのたまり場]
映画『甘い人生』イビョンホンさん主演映画.....この映画韓国ではR−18指定を受けていて、事前情報として、バイオレンスシーン一部のカットはされている?と風のウワサで聞いておりました。チラシには究極のラブストーリーと書いてありますが...※私の鑑賞した劇場ではR... [Read More]

Tracked on May 03, 2005 at 07:59 AM

» 甘い人生 [シネまだん]
監督:キム・ジウン  出演:イ・ビョンホン シン・ミナ エリック     5点  壮絶なハードボイルド・アクション    韓日同時公開っていうだけで、ある意味歴史的な一本です。韓流も「冬ソナ」だけの一過性ブームで終わりそうにない雰囲気ですね。つ... [Read More]

Tracked on May 03, 2005 at 08:26 PM

» イ・ビョンホン主演 『甘い人生』@ジャパンプレミア試写会 [ハングルな日々]
イ・ビョンホン主演の映画「甘い人生」をジャパンプレミア試写会で見てきました!!もちろん生ビョンホンssiも見てきましたぁ〜!!興奮しすぎて意識が途切れ途切れ(笑)でしたが、覚えている範囲でビョンホンssiのトーク内容、そして映画の感想をレポートしまぁす! まず、18:00からすぐに映画予告編がスタート。「甘い人生」の予告編を見ているだけで幸せな気分に♪そして18:30過ぎにビョンホンssiと�... [Read More]

Tracked on May 04, 2005 at 10:00 PM

» 映画「甘い人生」 [こまったちゃんのきまぐれ感想記]
「甘い人生」開映18:30@錦糸町シネマ8楽天地 「甘い人生」 2005年 韓国 配給:ヘラルド 監督・脚本:キム・ジウン  製作:オ・ジョンワン、イ・ユジン  出演:イ・ビョンホン、シン・ミナ、キム・ヨンチョル、ファン・ジョンミン、    チン・グ、エリック  上映時間:120分 R−15   韓流ドラマにはまったおば様たちが観るには少々ヘビイじゃなかろうか。 ふと、心配にな�... [Read More]

Tracked on May 06, 2005 at 10:16 PM

» 「甘い人生」 イ・ビョンホンの為の映画 [映画の話をしませんか?]
「甘い人生」。 一言で言って、イ・ビョンホンのイ・ビョンホンによるイ・ビョンホン [Read More]

Tracked on May 10, 2005 at 08:24 PM

» 遅ればせながら韓流ブームに乗りました/「甘い人生」評 [I N T R O+blog]
『甘い人生』(2005 / 韓国 / イム・ジウン) Text By ... [Read More]

Tracked on May 16, 2005 at 08:31 AM

» 甘い人生(新映画日記の転用) [新×3 もろもろ日記]
映画館の招待券が当たったので、迷ってましたが見てきました。 この映画、私には向かないかと思ってました。 聞いていたとおり、バイオレンスな場面は多かった。 ちょっとたるいかな〜と感じる部分もありました。 でも気づいたらラスト泣いてました。 愛を知らなかった男がはじめて愛を知る。 しかしそれが彼の運命を狂わせたという皮肉・・ 携帯からヒス(シン・ミナ)の声をやっとの思いで聞くキム(イ・ビョンホン)が哀しい。 最後のアクションシーンは、拳銃連射でバーの酒瓶が順番..... [Read More]

Tracked on May 21, 2005 at 05:17 PM

» 映画『甘い人生』貴方は何点?結果報告! [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは韓国の四天王の1人、イ・ビョンホン主演の映画『甘い人生』です。映画の宣伝コピーと内容に大きな隔たりのあったこの作品、ご覧になった方々のコメントや記事を拝見しますと、ファンの中枢にいらっしゃるオバサマ方の体調を心配する内容や韓流ブームを敬遠している男性に薦めたいという内容が大変多かったです�... [Read More]

Tracked on September 25, 2005 at 02:04 PM

» 映画「甘い人生」 [ある在日コリアンの位牌]
ポニーキャニオン甘い人生 完全版 DVD-BOX (初回限定生産) ポニーキャニオン甘い人生 特別日本版  かなりすごい映画でした。 「イ・ビョンホン主演の韓国裏社会を描いたアクション作品」とだけでは言い表せない、1人の男の儚(はかな)く、一瞬の幸福を... [Read More]

Tracked on November 22, 2005 at 01:11 AM

» NO.110「甘い人生/キム・ジウン監督」 [サーカスな日々]
「商人」のような「過剰さ」で自滅した作品 もともと「箪笥」というオカルトブームに便乗して制作した様でありながら、やけに芸術的なコマワリと様式美を「過剰」に詰め込んでいた監督だな、という印象を本作のキム・ジウン監督にはもっていた。 「芸術のように撮って、商人のように編集する」 解説のジウン監督のこの一言に、この作品の「過剰」もいいつくされている。 物語は単純だ。7年間ボスであるカン(キム・ヨンチェル)に忠実に仕え�... [Read More]

Tracked on January 19, 2006 at 05:15 PM

« 行っちゃいました!「甘い人生」 | Main | 2度目の「甘い人生写真展」 »