« 「僕の彼女を紹介します」DVDにて | Main | 小さくてもいいね! »

カンヌ国際映画祭

仕方がないんだけど、自国の映画「エピソード3」のトピックがメインになってしまうマスコミですから、なかなかビョンホンssi&甘い人生のニュースが入ってこなくって、ちとさみしーですね(T  T)

上映時間も深夜の0時30分なんて・・・。そんな時間まで上映してるところがやっぱり「世界最大の映画の祭典」だけはある。私も映画漬けのバカンス過ごしてみたいな。Byunghunzzang

昨年は木村拓哉さんの話題満載だったのが、柳楽優弥くんにかっさわれて、でも純粋な映画ファンにとっては今年も面白い話題たくさんで、飽きないです。

ショートフィルムでカンヌ史上一番低予算で作られたものは、な・な・なんと8万円だそうで!J-WAVEのクイズになってましたよ、この話。

日本人としては、真田広之さんが「無極THEPROMISE」と「亡国のイージス」2本立てで話題になったり、北野武のドキュメンタリーフィルムも気になります。でも、北野武氏はもっと海外で評価されてほしい。どーしても「タケちゃんマン」から脱却できない私は、逆輸入というろ過をかけないとという思いがあるんで。そーいやこのフィルム、ビョンホンssi観られたかな?確かに「甘い人生」は大切だけど、めいっぱい楽しんできてほしーです。でもきっと楽しんでるんだと感じたのはこの写真。cannue 身体から嬉しさと楽しさがにじみ出てるって感じしません?

もうそろそろイタリア入りですか?ビョンホンssi。こちらのPARTYも思う存分、楽しんできてくださいね~^^

|

« 「僕の彼女を紹介します」DVDにて | Main | 小さくてもいいね! »

「LEE BYUNG HUN」カテゴリの記事

Comments

うりうりさん、おはようございます。

カンヌでのビョンホンssi、やはりワイドショーじゃ
やってくれませんね。うちは、ムービープラスが、見られるので
毎日カンヌハイライトを、チェックしてるのですが・・・
そのうち姿が、拝めるかしら。カンヌでは、観客数や、報道陣が、
少なかったとか、いろいろ言われてますが、それは、当然かなとも思いますね。うりうりさんの言われるように、自国映画や、
メジャーどころに目がいくのは、当たり前でしょう。

でも昨年のように「誰も知らない」でしたっけ?
本当に誰も知らなかった映画を取り上げ評価してくれるのが、
カンヌ映画祭だから、私は、毎年楽しみにしてます。

ビョンホンssiも、きっとあの華やかな雰囲気を楽しまれたんじゃないかな。いい経験されたと思いますよ。
日本も含めてアジア映画頑張ってほしいわ。

Posted by: ajian | May 19, 2005 at 08:01 AM

ajianさま、こんにちは。
きっと韓国のサイトやTV関係なんか探すと
いっぱい「イ・ビョンホン in Cannes」が
いっぱい見れるかも知れませんね。
探したいけど、他の作品にも目が行ってしまうんで
今は、他の方のサイトで楽しんでいます。
柳楽優弥くんの最新作はすでに買い付け決まったという
報道もありますから、こちらも楽しみです。
日本でも映画のお祭り、いっぱいやってくれるとイーナー^^

Posted by: うりうり | May 19, 2005 at 12:49 PM

 こんにちは ajianさん、うりうりさん。
私も 動くカンヌびょんssiが 見たい~~~!!です。 タキシード格好いいですよね~。監督はちょっと・・・苦笑。ミナちゃんも 後姿ドレス最高~(羨ましい)。
そういえば エピーソード3出演のナタリーポートマンのスキンヘッドには びっくりでした。 が やっぱり 綺麗な人はどんな髪型でも素敵なんだ~ と改めて感じました。
ムービープラスね・・・メモメモ・・・・ビョンssi映るといいね~。

Posted by: ぴんく | May 19, 2005 at 01:11 PM

ぴんくさま、こんばんは。
lovelbh.comに動画がアップされてましたが
記者会見の模様でした(+ +)
タキシードでレッドカーペットの上を歩きながら
お手を振り、キラースマイルを振りまいてらっしゃる
ビョンホンニムが観てーよぉ!!!
どこかで見つけたら、教えてくださいねん。


Posted by: うりうり | May 19, 2005 at 09:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89443/4188503

Listed below are links to weblogs that reference カンヌ国際映画祭:

« 「僕の彼女を紹介します」DVDにて | Main | 小さくてもいいね! »