« こんな偶然あり? | Main | チケットが届きました »

愛・地球博

六時前に家を出て、早六時間。
まだゲート前。
果たして、入場できるのでしょうか〜?!200509181221000.jpg

|

« こんな偶然あり? | Main | チケットが届きました »

「ケータイより」カテゴリの記事

Comments

オォ~、行きましたか、行きましたか!
で、マンモス見れました?
韓国館では、顔なしヨン様で、写真は撮りましたか?(笑)
今日は天気がよかったけど、並ぶの暑かったんじゃないですか?
また、日焼けしますね。(笑)

Posted by: カオリン | September 18, 2005 at 07:34 PM

昨日の夕刊に「閉幕間近、駆け込み」って載ってました。すごい人なんちゃうん?
入場制限もあるって書いてあったし…。
どんなだったか教えてね。

Posted by: mallow | September 18, 2005 at 08:20 PM

うぁ~~、あなたは、勇気のあるひとだ。
愛・地球博で、どんなアイをみましたか?
若い人はいいなあ~。
私なんか、今日友達との約束をすっかり忘れていて、駅から電話をもらって、まっ青になってすっ飛んで行った。2-3m走っただけで、ゼイゼイ、ヒイヒイ。。。

うりうり家の元気をもらいたい!!

Posted by: Aこ | September 18, 2005 at 09:39 PM

こんばんは。
う~ん、とうとう行かれなかった「愛・地球博」・・・
うりうりさん、無事に入場出来ましたか?
あ~っ、韓国館、行きたかったなぁ・・・
とにかく、ご報告、楽しみにしています!

Posted by: SAYURI | September 18, 2005 at 09:44 PM

 やっぱ 連休の中日って 恐ろしい~
アタシは スパハワイアンズ すごい混雑でした~~ 疲れたね~~

Posted by: ぴんく | September 18, 2005 at 11:21 PM

うりうりさん、お久しぶり!今日、行かれたのですか!!HPで見たら、入場制限していたとか・・・。入れたのかしら、と心配になりました。
私は7月に行きました。あっ、韓国館の記事をTBさせてくださいね。

Posted by: rubicone | September 18, 2005 at 11:56 PM

カオリンさま
マンモスも韓国館も無縁の「愛・地球博」でした。
今回は日焼け対策万全に望みました^^v
でも、下地が出来上がっている分気付いていないだけだったりして^^;

Posted by: うりうり | September 19, 2005 at 03:32 PM

mallowさま
入場制限は間一髪で免れました。
かくゆーおいらも「駆込み組」。
「お出かけは計画的に」を身に沁みました。

Posted by: うりうり | September 19, 2005 at 03:34 PM

Aこさま
「勇気」というより「気力」だけが勝負でした。さすがに今日の午前中まで引きずってしまいました。

Posted by: うりうり | September 19, 2005 at 03:37 PM

SAYURIさま
会場内は無事に入れましたが、その後はほとんどは入れませんでした。
もちろん韓国館も・・・(T-T)

Posted by: うりうり | September 19, 2005 at 03:40 PM

rubiconeさま
こちらこそ、ご無沙汰しております!何とか入場制限には引っかからずに済みましたが、
なんせ「駆込み組」ですから人気パビリオンはあきらめまして・・・。
後ほどゆっくりお邪魔します。

Posted by: うりうり | September 19, 2005 at 03:42 PM

ぴんくさま
休みになったら出かけなくてはいけないのは、ガキンチョ家庭のサダメなんでしょうか?

Posted by: うりうり | September 19, 2005 at 03:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89443/5997317

Listed below are links to weblogs that reference 愛・地球博:

» 万博紀行・・・パビリオン編(3) [Casa de lapiz:鉛筆庵]
気なったパビリオンを思い出して書いています。 *カンボジア館:ここではアンコールワットの遺跡、実際に進行中の彫刻などの他にカンボジア・シルクを漆黒の髪の美しい女性が機織機に向って織っている様子を見ることができました。そして、カンボジア・シルクが「金の繭」から取れる糸で織られている事、その伝統的な模様についてなど実に興味深い話を館の方から聞くことが出来ました{/hikari_blue/}美しいですっ{/hikari_pi... [Read More]

Tracked on September 18, 2005 at 11:57 PM

« こんな偶然あり? | Main | チケットが届きました »