« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

おい、おい!

今日は「THE有頂天ホテル」を観に府中へお出かけしました。

で、たまたま見っけたのがこれ。
「韓流スターギャラリー」@伊勢丹 府中。
IMG

明日までだっつーし、入ってみました。

ですがぁ・・・

こっから愚痴りますよ。用意はいいですか?

中は「冬のソナタ」一色。
おまけにKBSのドラマばかり。

だったらさぁ、「韓流スターギャラリー」ってタイトルにしないでよぉ。おまけにサブタイトルに「スクリーンからのメッセージ」ってKBS主催なら「ブラウン管からのメッセージ」にしてよね。

ちなみにビョンホンニムはNEC_0007この4枚だけ。それもちょい昔のヤツばっか。

ウソンチャンはKBSにはお世話になってないからもちろんの事0枚。

弦楽4重奏でいろんなドラマの音楽を演奏してくれて、たまたま耳にしたのが「初めて出会ったあの日のようにbyパク・ヨンハ」だったのね。その演奏しているところの入り口に「ドラマの映像と共に」って書いてあるからあわてて覗いたら、映像は「冬のソナタ」。もぉ~なんでやねん!!「オールイン」を期待して走ったおいらがばかだったわさ。

確かに「冬ソナ」嫌いじゃないけど、全スペースの50%以上は冬ソナですからね。世の中の認識は「韓流」=「冬ソナ」なんだろうな。

グッズ売り場も冬ソナ&ヨンジュンコーナーが7割を占めてましてん。
ちなみに残りの1割はサンウ君。「美しき野獣」の公開も近いしね。
ビョンホンニムグッズはなぜか非公式卓上カレンダーと公式大判カレンダー。そのほかはカードケースのみ。なぜかここにはウソンチャンのカードケースもあったけど、価格のわりにチャチかったんでやめときました。

まぁ、入場料が「タダ」たっだばか息子たちが「ミニョンシが~」「チェリンだぁ。」って喜んでくれた事が救いかな。

おっと、そのあとに観た「THE有頂天ホテル」でお口直しできたのも救いだわ~。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

あなたならどうする?

先ほど近所のスーパーで

「韓流ミュージックムービーガム」

3割引コーナーにありました。

買う?それとも買わない?

| | Comments (16) | TrackBack (0)

「アメノナカノ青空」@映画館

まだ1月なのに2度目の映画館です^^幸先よいスタートだわさ!

今年初めての韓国映画は

『アメノナカノ青空』aozora です。

ここからはネタばれありです。

幼い頃から入退院を繰り返していたミナ(イム・スジョン)のマンションにある日、階下に引っ越してきたヨンジェ(キム・レウォン)と出会う。ちょっと図々しくてアバウトなヨンジェに次第に惹かれていくミナ。この出会い、ミナだけが知らない仕組まれたものだったのだが、ミナに残された時間が少ない事を知ったヨンジェはそこで初めてミナを愛していたことに気がつく・・・。

ってな「韓国ではありきたりな」感じのラブストーリーなんですがぁ。

この2人の持っている雰囲気のせいか、ものすごくあったかいラブストーリーに仕上がった映画でした。そっと寄り添うイメージのある2人とでも申しましょうか?ヨンジェのどちらかと言えば強引なアプローチもきっとキム・レウォンだから嫌じゃないんだろうし、ミナの小生意気な台詞もイム・スジョンだからいいんでしょう。

おいらはこのお二人さんよりも、ミナのお母さん「ミスク(イ・ミスク)」に共感を覚えました。病弱で左手に障害を持つミナへの深い愛情はや、娘の事で思い悩む姿も同調する事が出来ました。
ちなみにイ・ミスクさんは『スキャンダル』にも出てますが『同一人物?』(まぁ、歴史者と現代劇の違いもあるだろうけど)と思ってしまうほど、やわらかく、すてきなお母さんでした。

原題は「・・・ing」。いいタイトルです。
ヨンジェとミスクの心の中にはミナは現在進行形で生きているし、ミナも現在進行形の幸せを精一杯生き抜けて行きました。最後は悲しい結末なんだけど、それでも温かいものが残るのはこのおかげかもしれません。

さて、おまけショット!
「イム・スジョン」と言えば・・・
このキスシーンでしょう!chongusong1

「サッドムービー」でのウソンチャンとのカワイーキスシーン。お顔をぶにゅっとされても可愛いのは彼女に許される特権?でしょう!スクリーンで観たいので日本でも早く上映して欲しいな。

| | Comments (14) | TrackBack (6)

『SAYURI 』が中国で上映中止

ここではあんまり政治的なことを語りたくはないんだけど、個人的にはショックだな~。

<上映禁止>中国で「SAYURI」 反日感情悪化を懸念

中国人女優の章子怡(チャン・ツィイー)さんがヒロインの芸者役を演じていることから、中国人に旧日本軍の従軍慰安婦問題を思い起こさせ、反日感情の悪化につながることが懸念されるためと同紙は伝えている。 Yahoo!ニュースより抜粋

お願いだから、観てから言って欲しい。
ロブ・マーシャルはちゃんと「芸者」を描いてくれているからこそ、観てから措置をとって欲しい。

『芸者』は「芸を極めた者」に与えられるもので、娼婦ではないのよ。

今ある日本文化ってルーツをたどれば中国にたどり着くものが多いと思う。自国を出て行った文化をどう変わって伝わっていったのかを見る事も拒むんだね。

そして、中国籍を持つ2人の女優さんがどれだけすてきな演技をして、美しく撮られているか見る事も拒むんだね。

この作品を見て、まだ「従軍慰安婦が~」なんておっしゃるようなら、中国という国の知的レベルを疑わざるを得ない。あんなに素晴しい文化を築き上げてきた国なのに。

ものすごく残念です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

おめでとう!!

PC向かっている時に

栃東関の初場所の優勝が決まりました!

いまや昔、3代目若乃花が引退を決めたのも

「(明大中野の)後輩が育ってくれた。」

という想いがありました。

目の前で1差で追っている白鵬が勝ったのを土俵下で見届けてもちゃんと自力で横綱朝青龍を破っての文句なしの優勝!

本当におめでとうございます。

小兵だけにこれからも身体に無理がかかってしまうかもしれないけど怪我だけには気をつけてがんばってください。2006年がいい年になれますように。

おめでとうございます!栃東関!!

| | Comments (2) | TrackBack (3)

雪だ!

30分格闘の末、装着完了。
免許取得してから17年にして初めての作業。
よくできました(^^)vimage.jpg

| | Comments (6) | TrackBack (0)

聞きづてならねぇ…?

電車の中から聞こえた会話。

「それは室長の分用意するの忘れたんでしょ。(笑)」

なにぃ〜?( ̄□ ̄;)!!
室長の分用意するの忘れただとぉ?

部長の分忘れても
社長の分をわすれても
室長の分を忘れるなんて言語道断!
成敗いたす(−_−メ)

…って振り向けばこの室長が
ミンチョル室長な訳ないぢゃん。
もしビクトリーでそんなことあったら主任に鉄拳制裁を食らうのは必至だわさ。

まだこの肩書きに過剰反応するのはしばらく続くんかな?(^^ゞ

| | Comments (10) | TrackBack (0)

「SAYURI」@映画館

年も明けて半月が過ぎてますが、2006年の初映画館です。
たぶんこのブログをはじめてからハリウッド制作映画を見に行くのは初めてかも~。

今年の幕開けは「SAYURI」にしてみました。
観たかったのよね~。
321931view005 おいらの友達に「AV女優」から「芸者」に華麗なる?!転身を遂げた知人がいて、「一緒に芸者やらない?」と誘われ置屋を紹介された経歴があります。
だからごくフツーの女性よりも少しだけ身近に感じた芸者の世界をアジアの女優が、アメリカの監督がどう描くかめちゃめちゃ興味ありまして。
そして監督があの「CHICAGO」のロブ・マーシャル監督。元舞台人のおいらにとってめちゃくちゃ衝撃の「CHICAGO」ですから、観ない訳には行きません。

いつもの事ながら長い前置き^^;
以下ネタバレありの感想です。

ストーリーは芸者の置屋に売られた少女が寂しい生活を送っていた時に、唯一優しくしてくれた紳士にもう一度会うために、芸者としていきる覚悟を決め、そして成功して行く。その一方でずっと恋心を抱いていた紳士に芸者となって出会うが、いろんなことに翻弄されながらもその想いを貫き通す。

これでも純血の日本人ですから
「つっこみた~いっ!」
衝動にはもの凄くかられます。

上の着物の着方だってつっこみいれたくなるっしょ?

でも突っ込むのもやめて許しましょう(笑)
146分という比較的長めの映画ですが、飽きることなくひきつけられちゃったんだからさ。

そして見事な色彩。海外から見る日本って決して水墨画ではないんだね。戦前の日本にはアジアンビューティーならぬジャパニーズビューティーな世界が存在したのであれば、それを守り通さなかった事は日本人としてちょっぴり寂しかった。確かにそこには「わび・さび」なんてものはありませんでしたが、お見事です。

ご存知の通り、全編英語(冒頭部分除く)なんですが、何故か随所に日本語が。挨拶はもちろん、おそらく英語に訳しにくい単語はそのまま使われてましたね。確かに「置屋」を「GEISHA House」ってしたり「姐さん」を「BigSister」なんてやってましたが、外国ではその部分字幕出たんでしょうか?個人的に好きだったのは「延さん」と「さん」付けしてました。「ベストキッド」の宮城さんみたい。

もちろん「芸者」の世界ですから「舞」があります。
お座敷での舞は立ち居振る舞いをごまかすためか、派手な扇子の使い方。あのねぇ、2丁扇なんてフツーの日舞ではしないと思います。まさに舞台役者の使い方。派手なんだけど「要返し」のようなおしとやかな使い方をせずにぽんぽん放り投げるし。まっ、あれはあれで難しいから「大変よく練習したで賞」を差し上げるとして。
その延長で芸者さんの舞台見たいのがあるんですが、最初は花柳流みたいな踊りだし、大トリの踊りは「それは日舞ではないでしょー」って思う演出。でもさ、あのぽっくりを誰の支えもなくあそこまで歩けるんですから、これも「よく練習したで賞」を差し上げます。

少女時代より目を見て「水の相が強い」と言われるSAYURIですが、あれカラーコンタクト入ってたよね?!目の青いに日本人を探すのは大変だぞぉ?

日本文化の一つとして「相撲」のシーンがあります。なんと「舞の海」ハリウッドデビューです。相撲好きの延さんが「はたき込みをするぞ」と言ってましたがあれはどう見てもはたき込みではありません。はたきこみはばたっと前に倒れます。投げてました。おそらく「すくい投げ」かと思われます。オット相撲好きなんで語ると長くなっちゃうからこの辺にして、ぜひともデーモン閣下に判定していただきたいです。

あ゛~~~っ!
突っ込まないと言っておきながら突っ込んじゃいました^^;

でもお話も視覚的な要素も音楽的な要素も好きです。今までいろんな形で日本が描かれました。「日本が好き」なリュック・ベンソンも「TAXIⅡ」で日本を描いてくれましたが、「これが日本です。」とはいいたくなかった。でもこの作品で「『昔の日本にはこんな世界がありました。』と言って世界中に送り出してください。」とお願いしたいです。

最後は余談ですが
こんなおいらですが舞台人としてだけでは食ってはいけなくて、夜もお仕事してました。「豆葉姐さん」「初桃姐さん」や「おカボ」みたいな人は現実にもいるんですよね~。もちろん桃井姐さん演じる「おかあさん」も。ちょっとぉ、いつの間に夜の銀座偵察してん?と突っ込みいれたくなるくらい。ちょっと昔の仕事仲間の顔を思い浮かべたおいらです。

| | Comments (7) | TrackBack (4)

「デイジー」アジアプロモーションツアー

韓国での公開が延期になってしまった「デイジー」ですが

ウソンチャン&チョン・ジヒョン&イ・ソンジェの主役の三人が香港・台湾・中国をプロモーションで廻るそうです。

詳細は朝鮮日報innolifeで。

ちょっとぉ~

何で「日本」が入ってないのよー(ー'`ー;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Σ( ̄□ ̄;) !!

パソコンTVで放送中の「純愛世代」
今日が更新日。
7,8話見逃したことに気が付いた通勤中。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

お姫様抱っこ

これは今一番日本で有名なお姫様抱っこでしょう(笑)

keshigomu_e_1024 チョルスは劇中何回お姫様抱っこしてるんでしょうか? さっと思い浮かべただけでも雨の中で倒れたシーンとバスローブのシーンとこの家を建てるはずだった土地を見に行くシーンと3回あります。そして表情に余裕が伺えるのは『慣れ』でせうか?チョルスは背が高いから、お姫様抱っこ少し怖い気もするけどやっぱり

してほすぃ~っ!

相対してビョンホンニムのお姫様抱っこってあんまり記憶がありません。

なのにこんな画像がおいらんちのPCから発見です。kswithsj_30

ありましたね~。オールインのワンシーン。まさにワンシーンだけでした。

まっ、愛の告白のあとのお姫様抱っこだけに表情だけで申すのは何かとありますが

2人とも表情に余裕がない!

しがみつくスヨンちゃん。わかります・・・おしり落ちちゃってるし。だからイナssiの表情が「よっこらしょっ」と重たそーに見えます。

皆さんご存知でしょうが筋トレ欠かさないビョンホンニムの腕は体の割には太いです。胸板も厚いです。でもこのおもたそぉ~ないっぱいいっぱいの表情を見る「私にもぉ~」とは言いづらい^^;

なのでビョンホンニムにはこちらをお願いしたい!

32

室長の腕まくらぁ!

少しだけ暖かくなって頭のねじが緩んだうりうりでした~^^

えっ?!いつも緩んでるって^^;

| | Comments (23) | TrackBack (1)

残念です・・・

もう一つのオールインカップルが破局を迎えてしまいました。

200601130000291insert_1 詳細は朝鮮日報

チソン君の言い訳ソルミちゃんの言い分

お互いに若いんだからさ

がんばれ!!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

あらしのよるに

昨年の事になりますが

我がばか息子たちが「映画館デビュー」を果たしました!
ばんざ~い\(^▽^)/

なんてったって「韓流ばか息子」ですからデビューは「私の頭の中の消しゴム」と行きたかったのですが大反対を喰らいまして(ってあたりまえだっつーの!)

「あらしのよるに」に決定しました。gabumei

産休中、ぼぉ~っとTVをみていたら教育TV「おはなしのくに」でやっていた時に知ったお話です。なんせ15分番組だからオオカミとやぎが出会う前に終わってしまって、ずーっと続きが気になっていたおいらだったので、やっぱり一番観たかったのはおいらなのかもしれません。

ネタバレっつーより、大概の方がお話をご存知だと思いますので「ばればれ」で行きます。

嵐にあって雨宿りをした小屋の中で2匹は出会うのですが、姿形はおろか、雨にあたって鼻かぜをひいて匂いもわからない。わかるのはお互いの声だけ。夜の暗闇に加え、雷鳴轟く嵐の最中、心細いところに出会っただけに、仲良くなるのもそう時間はかかりません。翌日に「お昼ご飯」を一緒に食べる約束をしてしまうほどなんですから。

太陽の下でお互いの姿をさらしてもオオカミ「ガブ」はヤギを食べようとせず、またヤギ「メイ」もオオカミから逃げようとせず。「お話」とはいえ「えー根性」しとりますわ、お互いに。お約束のようにガブはお昼のお弁当を崖下に落としてしまうのですが、それでもメイを食べません。
『お弁当(メイ)と一緒にハイキングだ・・』なんて想いも振り切ります。えらいなーガブ。確かにね、人間のおいらが見たってメイのお尻は美味しそうだったよ。

それぞれお互いの仲間の目を盗んで会うのですが、何時しかそれぞれの仲間にばれてしまいます。それぞれが罰を受けたあとに命ぜられる事は「相手をだまして相手の情報を聞き出してくる事」というもの。2匹は顔をあわせたら『やっぱりガブを、メイを裏切れない』。このままでは群れに戻れない2匹は雨で増水した川に飛び込んで逃げるのです。そしてヤギとオオカミが仲良く暮らせる場所を求めて雪山を越える旅へと行くのです。

雪山では寒さに凍え死にそうなメイが『命をかけてもいいと思える友達に出会えた』『ガブには生きていてほしいから僕を食べて』と言うのですが『おいらはヤギの肉よりヤギが好きなんです』と言ってメイを食べずに去ります。その時オオカミの追手が近くまで来ていることを知り、『命を懸けてもいいと思える友達』のために1匹戦いに挑むのでせう。そして雪崩に巻き込まれてしまうのでした。

何とか生きながらえる事が出来たメイはガブを探しに行きます。そこには雪崩のショックで記憶を失ったガブが。もちろんオオカミ本性丸出しのガブにとってはおいしいヤギが手に入っただけの事。捕まえて食べる準備をしていたのですが、メイの一言で記憶が戻り、めでたしめでたし^^

となるのですが・・・。この映画デビューの割にはちゃんと最後まで席を立つことなく、(次男は途中からおいらのひざ上に座ってましたが)最後まで見ることが出来ました。記憶が戻るまでの時間が大人にとっては物足りないくらいあっさりしてて残念でしたが、子供たちには理解できたようです。原作「あらしのよるに」のシリーズ全編を観れて良かったです。いつも思うこと「姿形にとらわれず人を見ることの難しさと大切さ」がまた一段と強い思いになったような気がした映画でした。

ちなみにイナ頭次男は「おかーしゃんハンカチ」って言って泣いてましたわん。そして「暗いのは怖い」といっていた昔ミンチョル頭長男も映画館の虜になりまして「またいきた~い」といってました。お次はビョンホンニム作品でと言いたい所だけどR指定だしぃ^^;今年中にスクリーンでお会いできるかっちゅー状態だしぃ。「デイジー」でも一緒に連れてく?

| | Comments (9) | TrackBack (2)

西遊記

はじまりました!

月9に孫悟空がやってきましたね。

12月にフジテレビに遊びに行った時に「西遊記」の衣装が展示されてまして、TVドラマにしては豪華だな~って見てました。

9時と同時に木村くんの声が!
ちょっとびっくりぃ~^^
また衣装が豪華~で似合ってるしぃ。
「白羽をあんだけ多用したらいくらなんだろう?」と昔舞台人の勘定が入ってしまいましたわん。

先日「ニンニン」のクルクルほっぺ“服部カンゾウ”慎吾ちゃんを観てしまったおいらは「どんな孫悟空になるんだろう?」って想像つかなかったけど、意外とはまってましたね。歴代の悟空の中で一番暴れん坊の雰囲気かもし出してる感じで。

それよりおいらの中では夏目雅子が強すぎて、深津絵里ちゃんには申し訳ないが、ピンとこなかったなぁ。まだ「未成熟」っつーか。裏を返せば悟空と一緒に成長する三蔵法師になる可能性もあるから、楽しみにしましょう。

おっ!と思ったのが「沙悟浄」ウッチャン。そういえばジャッキー・チェン好きだし、「恋はスナイパー」ってゆーのでアクションやってましたよね。

まだ3話までしか撮り終えてないらしいですが、アジア数ヶ国で放映決まってますし、楽しみなドラマが始まりましたわん^^

| | Comments (9) | TrackBack (0)

3月はウソン月間だわ

いつもお世話になっている

チョン・ウソンふぁいる-ブログさん

でこんなニュースが載ってました!

『モーテルカクタス』廉価版DVD 3/3登場

『ボーン・トゥ・キル』DVD 3/3登場

どーよ、みなさん!

3月だけで5タイトルですよ
5タイトルぅ~(^▽^)

今から節約生活始めれば間に合うかしらん?

『トンケの蒼い空』は映画館で観たし、『ボーン・トゥ・キル』も韓国ムービースターLIVEのおまけDVDで観たし。まずは『モーテルカクタス』『クミホ』から攻めてみようかな~。

でも『頭の中の消しゴム』ははずせない!

だってこの映画がなかったらこんな悩みは浮かばなかったはずだもん。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

新年会の賞品

えっへん!
自慢させてください(o^o^o)

これが新年会の特賞賞品でーす!
ななめドラム洗濯乾燥機の最新版。

これで寒い夜の洗濯干しから解放されますぅ(T_T)/~200601071210000.jpg

| | Comments (18) | TrackBack (0)

「頭の中の消しゴム」DVD発売決定!

決まりましたね。

3月10日発売決定。

もちろん「スペシャルボックス」と「プレミアムエディション」と「通常版」の③パターン。

今回くせもんなのが「通常版」

『削除されたシーン集』というものがこれだけに入ってます。

すでに見たから言えること、ディレクターズカットにも入っていないものではないかと、推測してます。

322539thumb002よく見かけるこの写真のシーンも削除されたものと思われます。

ウソンチャンが「スジンが去ったあとのシーンで、涙も彼果てた演技をしなくてはいけなかったのに、涙が止まらずに大変だったけど、最終的にカットされてしまった」みたいなことを話してました。

ディレクターズカットをすでに観ているものとしては、ものすごぉーく気になってます。これを見るためにレンタルは必至です(笑)たまにレンタル版と通常版が違う時があるから、そうなったらスペシャルボックスを捨てても、プレミアムエディションと通常版という買い方をするかもしれません(爆)

最近こんなん見つけました。d0023026_12383539

お姫様抱っこだけでなく、おんぶもしちゃうの?

おいら体重的にお姫様抱っこをねだるのは無謀なので、おんぶしてほしいっす(^人^)

先ほど、もえママさんのところにお邪魔したら「トンケの蒼い空」と「クミホ(千年愛)」のDVDも同時発売でせう!

しゃーないから、宝くじでも買うか?!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ウソンチャンの日本公式ファンサイト

所属事務所サイダスのHP見てたらこんな記事が載ってました。

[기사] 정우성-'블루칩' 한류 이끈다!
[記事] チョン・ウソン-'ブルーチップ' 寒流導く!

(Yahoo!翻訳版)

注) トップページのフラッシュが終わったら、上のタイトルの記事をクリックすると詳細が見れます。

何のことかと思いきや、な・な・な・ぬあんとぉっ!

JungWooSung_sportshankuk_01 2月上旬に公式ファンサイトをオープンさせるらしい!!

やりぃー(^▽^)bちょーうれすぃ~!

本当に情報が入ってこないウソンチャンだったから、これは本当にうれしいっす^^

「私の頭の中の消しゴム」の大成功もあったようですが
「『デイジー』のに日本封切りも控えていて・・・」
って書いてありんす。

っつーことは今年中に見れんぢゃん「デイジー」(^-^)

実にうれしい。

なんせ、このHPを見たのはおいらの誕生日。

ビョンホンニムからはプレゼントを戴き、ウソンチャンからはこんなステキなニュースが届くなんて、今年のスタートは最高だね^^v

そういえば、デイジーミニHP(YAHOO!翻訳版)なんてものもありました。トップページのポップアップをはずすと見れます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

古畑任三郎

今年のお正月、一番の楽しみは

小川VS吉田でもなく、箱根駅伝でもなく、もちろんマチャアキのかくし芸でもなく・・・

任三郎ファイナル

キャストの豪華さはもちろんですが、やっぱりこのドラマは面白い。

おいらは賢くないんで推理小説とかとっても苦手(>。<)
だから古畑が「こんなところに目をつけるのかよっ!」と突っ込みいれたくなるほどの洞察力と絶対許さないという想いで犯人を追い詰める強さが好きなんだな。そして最後まで紳士的な態度。古畑は絶対手錠かけないもんね。それでいてちょっとお茶目。自分のヘマを今泉君に全て押し付けてしまうんだけど、そこがまた憎めない。

そして、古畑は緻密に犯人を追っていくのに、そして解決への糸口となる伏線の張り方は絶妙なのに、それ以外の設定にはビミョーにずれがあるところも大好き。そこが三谷さんのよさなのかな?

ちょっとずれるが、三谷さんのドラマも映画も登場人物多すぎって思うけど、本当にこのドラマだけは違ったな~。本当に古畑VSゲスト(犯人)でじっくりと作られてて。じっくりした分深夜枠で「今泉慎太郎」なんてのもできちゃったけどさ。

それなのにね
もう古畑には逢えなくなるのよ
(;-;)さみすぃー。

考えてみると、一度古畑は現場から退いてるのよね。警察犬の訓練所にいる所を現場に連れ戻されちゃうんだけど、「犬はうそをつかない」から好きで退屈で。そんな古畑は今度はどこに行っちゃうの?きっといつかまた、西園寺君が連れ帰ってきてくれそうな気がする。頼むよ、西園寺君。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

「デイジー」封切プチツアー

OrangeClub News!より

2006年2月公開予定の映画「Daisy」封切りプチツアーを企画いたしました。
現在仮予約を受付中です。当日は各劇場で舞台挨拶が予定されており何箇所かの劇場をまわる予定です。

詳細は→こちらから

こんなニュースを聞くと、公開間近を実感しますね。

200512230296_00

おいらの当初の情報だとアジア地域ほぼ同時公開って聞いたんだけど、日本はどーよ?

そういえば、この「デイジー」の監督は「インファナル・アフェア」や「イニシャルD」のアンドリュー・ラウ監督。「インファナル~」はDVDで見ているので、ウソンチャンが出演している以外にも興味がありんす。

お願いですから、早く公開決まってくだせぇ(^人^)
                 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

新年会で・・・

昨日、仕事関係の新年会に行ってきました。

で・・・

くじ引きで特等当てました!!

なにがもらえるかって?!

好きなものを買ってもらう約束をしまして、今日買ってもらいました^^v

とぉ~っても大きいものなので、届いたらまたここで自慢( ̄^ ̄)させていただきます!

新年早々縁起がよいね~(*^m^*)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

酔っぱらい~(*^0^*)

え~実家より戻ってきました。

すでに飲み始めて24時間。

アルコール以外に飲んだものは・・・

記憶にござーません(+_+)

皆さまにお返事してお邪魔しようと思ったのですが、アルコール付けのノーミソからは、日本語が浮かびません(かといって、英語や韓国語が思い浮かぶわけでもありやせん)

2006年も酒漬のスタート

いーのか?おいら?

| | Comments (12) | TrackBack (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いしますm(__)m

新年ですからビシッ!っとスーツで決めてみました^^;
羽織袴が見てみた~い?!photo.jpg

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »