« 西遊記 | Main | 残念です・・・ »

あらしのよるに

昨年の事になりますが

我がばか息子たちが「映画館デビュー」を果たしました!
ばんざ~い\(^▽^)/

なんてったって「韓流ばか息子」ですからデビューは「私の頭の中の消しゴム」と行きたかったのですが大反対を喰らいまして(ってあたりまえだっつーの!)

「あらしのよるに」に決定しました。gabumei

産休中、ぼぉ~っとTVをみていたら教育TV「おはなしのくに」でやっていた時に知ったお話です。なんせ15分番組だからオオカミとやぎが出会う前に終わってしまって、ずーっと続きが気になっていたおいらだったので、やっぱり一番観たかったのはおいらなのかもしれません。

ネタバレっつーより、大概の方がお話をご存知だと思いますので「ばればれ」で行きます。

嵐にあって雨宿りをした小屋の中で2匹は出会うのですが、姿形はおろか、雨にあたって鼻かぜをひいて匂いもわからない。わかるのはお互いの声だけ。夜の暗闇に加え、雷鳴轟く嵐の最中、心細いところに出会っただけに、仲良くなるのもそう時間はかかりません。翌日に「お昼ご飯」を一緒に食べる約束をしてしまうほどなんですから。

太陽の下でお互いの姿をさらしてもオオカミ「ガブ」はヤギを食べようとせず、またヤギ「メイ」もオオカミから逃げようとせず。「お話」とはいえ「えー根性」しとりますわ、お互いに。お約束のようにガブはお昼のお弁当を崖下に落としてしまうのですが、それでもメイを食べません。
『お弁当(メイ)と一緒にハイキングだ・・』なんて想いも振り切ります。えらいなーガブ。確かにね、人間のおいらが見たってメイのお尻は美味しそうだったよ。

それぞれお互いの仲間の目を盗んで会うのですが、何時しかそれぞれの仲間にばれてしまいます。それぞれが罰を受けたあとに命ぜられる事は「相手をだまして相手の情報を聞き出してくる事」というもの。2匹は顔をあわせたら『やっぱりガブを、メイを裏切れない』。このままでは群れに戻れない2匹は雨で増水した川に飛び込んで逃げるのです。そしてヤギとオオカミが仲良く暮らせる場所を求めて雪山を越える旅へと行くのです。

雪山では寒さに凍え死にそうなメイが『命をかけてもいいと思える友達に出会えた』『ガブには生きていてほしいから僕を食べて』と言うのですが『おいらはヤギの肉よりヤギが好きなんです』と言ってメイを食べずに去ります。その時オオカミの追手が近くまで来ていることを知り、『命を懸けてもいいと思える友達』のために1匹戦いに挑むのでせう。そして雪崩に巻き込まれてしまうのでした。

何とか生きながらえる事が出来たメイはガブを探しに行きます。そこには雪崩のショックで記憶を失ったガブが。もちろんオオカミ本性丸出しのガブにとってはおいしいヤギが手に入っただけの事。捕まえて食べる準備をしていたのですが、メイの一言で記憶が戻り、めでたしめでたし^^

となるのですが・・・。この映画デビューの割にはちゃんと最後まで席を立つことなく、(次男は途中からおいらのひざ上に座ってましたが)最後まで見ることが出来ました。記憶が戻るまでの時間が大人にとっては物足りないくらいあっさりしてて残念でしたが、子供たちには理解できたようです。原作「あらしのよるに」のシリーズ全編を観れて良かったです。いつも思うこと「姿形にとらわれず人を見ることの難しさと大切さ」がまた一段と強い思いになったような気がした映画でした。

ちなみにイナ頭次男は「おかーしゃんハンカチ」って言って泣いてましたわん。そして「暗いのは怖い」といっていた昔ミンチョル頭長男も映画館の虜になりまして「またいきた~い」といってました。お次はビョンホンニム作品でと言いたい所だけどR指定だしぃ^^;今年中にスクリーンでお会いできるかっちゅー状態だしぃ。「デイジー」でも一緒に連れてく?

|

« 西遊記 | Main | 残念です・・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

おはようござります~う♪
いいお話じゃ~。・°°・(ノ_б、)・°°・。
観に行かないで、あらすじで満足しちゃうオバサン←私

「デイジー」は お子ちゃま達と行くと、ウソンちゃんオンリーになれないのでは…
それに ウソンちゃんに心を奪われ、映画館にお子ちゃま達置いて来ちゃうかも。。。

あの~リンクさせてもらってもいいですか~!?
どういうわけか、なかなか来れないんです~。

Posted by: onion | January 13, 2006 at 07:53 AM

onionさま
ほんのさわりのあらすじですが、ご満足いただけてよかったです。
そーですねー。おいらとバカ息子たちが『デイジー』観にいっちゃったあかつきには
>ウソンちゃんに心を奪われ、映画館にお子ちゃま達置いて来ちゃうかも。。。
こっちになる可能性大っす^^;

リンクのお申し出ありがとうございます。
こちらこそ、リンク貼らせてください!
よろしくお願いします。

Posted by: うりうり | January 13, 2006 at 03:19 PM

 うりうりちゃ~~ん。 イナ&ミンチョル連れて行って来たのね~♪
いやぁ~~~アタシは これの最終話 吹雪の明日に・・を 小学3年生のクラスで読み聞かせしながら 号泣してしまった・・汗。 本当に 何度読んでも 泣けるんです。 選んだ本を失敗した。 
 映画は 行く予定が 日にち取れなくて 行ってないんだよ。 行きたいわ~~~~!!! 

Posted by: ぴんく | January 13, 2006 at 11:39 PM

あ・・ちなみに・・・6話までしか 読んでないんだった。 映画決定で 続編を書いて ガブを蘇らせてるようです。6話は ガブが谷底に落ちて終わるのよ・・切ない結末でしょ~~~。

 うりうりちゃんのネタバレを読んで なるほど。 happyendなのか~~と 安心しました。 これなら 映画館で号泣せずに 済みそうだわ・・・。

 そういえば 地区の小さな館で 上映した20分程度の マッチ売りの少女を見ても 号泣してしまったとです・・・ぴんくです。。。(ヒロシ風)

Posted by: ぴんく | January 13, 2006 at 11:42 PM

ぴんくさま
映画だとガブは生きてます。
確かに6話にあたる部分は泣けたわ。
泣いてる次男を見てまたもらい泣きちゃったし^^;
おいらが感じた「ラストの詰めが甘さ」は、あわてて付け足した続編部分ぽいっす。
早く観に行けるとよいね~。でもハンカチは忘れずに^^

Posted by: うりうり | January 15, 2006 at 09:12 AM

あ、6話のエンディングってそんな可哀想な話だったですか・・・
知らなかったです。
ハッピーエンドにならないと思って映画館へ足を運ばない人もいるのかもしれませんね・・・

Posted by: kossy | January 15, 2006 at 11:05 AM

うりうりさん、TB&コメントありがとうございましたm(_ _)m

お子さんの映画デビューおめでとうございます^^
じっと観てたのは親としても楽しめてラッキーでしたね!
キャラクター自体が可愛かったので、良かったですね~♪

Posted by: cyaz | January 15, 2006 at 05:24 PM

kossyさま
前作を原作で見たわけではありませんが
『このあとどうなるのよ~』思わせる様に終わっていたので
通しで見れて良かったと思います。

Posted by: うりうり | January 15, 2006 at 06:12 PM

cyazさま
こちらこそTB&コメントありがとうございます。
うちの息子たち、家だとフツーに洋画のDVDを一緒に見れるのですが、トイレに行ったり「なんか食べたい」攻撃が始まって停止しながらだから、2時間近くちゃんと観れるか心配でしたが、無事にデビューできました。
オオカミなのに愛嬌あるガブは子供向けかもしれませんね。

Posted by: うりうり | January 15, 2006 at 06:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89443/8135792

Listed below are links to weblogs that reference あらしのよるに:

» あらしのよるに [ネタバレ映画館]
 今年最後の記憶もの映画? 【ネタバレ注意】  きむらゆういち氏によるベストセラー絵本の映画化。予告編でもかなりのあらすじを露出しているため、ストーリーはわかりやすく、ヤギのメイが愛らしいキャラのために感情移入しやすいアニメとなっています。氏によると、映画のために絵本の最終章を書き加えたらしく、最後まで目が離せない展開となっていました。また、お子様向けのメッセージだとは思いますが、「映画を3度観�... [Read More]

Tracked on January 15, 2006 at 10:48 AM

» 『あらしのよるに』 [京の昼寝〜♪]
それでも ずっと ぞっと 一緒でやんす。 ■監督 杉井ギサブロー■脚本・原作 きむらゆういち■キャスト(声の出演) 中村獅童、成宮寛貴、竹内力、林家正蔵、山寺宏一、KABA.ちゃん、早見 優、市原悦子、坂東英二□オフィシャルサイト  『あらしのよるに』 ある嵐の夜に、仲間とはぐれたヤギのメイ(声:成宮寛貴)は、壊れた山小屋で雨風をしのいでいた。 するとそこへ、同じように嵐から逃... [Read More]

Tracked on January 15, 2006 at 11:28 AM

« 西遊記 | Main | 残念です・・・ »