« 『SAYURI 』が中国で上映中止 | Main | あなたならどうする? »

「アメノナカノ青空」@映画館

まだ1月なのに2度目の映画館です^^幸先よいスタートだわさ!

今年初めての韓国映画は

『アメノナカノ青空』aozora です。

ここからはネタばれありです。

幼い頃から入退院を繰り返していたミナ(イム・スジョン)のマンションにある日、階下に引っ越してきたヨンジェ(キム・レウォン)と出会う。ちょっと図々しくてアバウトなヨンジェに次第に惹かれていくミナ。この出会い、ミナだけが知らない仕組まれたものだったのだが、ミナに残された時間が少ない事を知ったヨンジェはそこで初めてミナを愛していたことに気がつく・・・。

ってな「韓国ではありきたりな」感じのラブストーリーなんですがぁ。

この2人の持っている雰囲気のせいか、ものすごくあったかいラブストーリーに仕上がった映画でした。そっと寄り添うイメージのある2人とでも申しましょうか?ヨンジェのどちらかと言えば強引なアプローチもきっとキム・レウォンだから嫌じゃないんだろうし、ミナの小生意気な台詞もイム・スジョンだからいいんでしょう。

おいらはこのお二人さんよりも、ミナのお母さん「ミスク(イ・ミスク)」に共感を覚えました。病弱で左手に障害を持つミナへの深い愛情はや、娘の事で思い悩む姿も同調する事が出来ました。
ちなみにイ・ミスクさんは『スキャンダル』にも出てますが『同一人物?』(まぁ、歴史者と現代劇の違いもあるだろうけど)と思ってしまうほど、やわらかく、すてきなお母さんでした。

原題は「・・・ing」。いいタイトルです。
ヨンジェとミスクの心の中にはミナは現在進行形で生きているし、ミナも現在進行形の幸せを精一杯生き抜けて行きました。最後は悲しい結末なんだけど、それでも温かいものが残るのはこのおかげかもしれません。

さて、おまけショット!
「イム・スジョン」と言えば・・・
このキスシーンでしょう!chongusong1

「サッドムービー」でのウソンチャンとのカワイーキスシーン。お顔をぶにゅっとされても可愛いのは彼女に許される特権?でしょう!スクリーンで観たいので日本でも早く上映して欲しいな。

|

« 『SAYURI 』が中国で上映中止 | Main | あなたならどうする? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「韓流」カテゴリの記事

Comments

なんで キスシーンが ウソンssiとのやつなん(笑)
ここは レウォン君でしょう\(^。^)/

いやぁ~~ 『トンケ・・・』を 行き損ねたんで
心苦しくも あるけど(笑)

サッドムービーの公開は いつになるんやろうねぇ。
日本公開まで 時間がかかりすぎて
少々 お腹立ちの この頃です。

Posted by: sarasa | January 24, 2006 at 11:47 PM

この映画sarasaオンニーに連れられていきました。
なかなかいい映画でしたよ。
ほのぼのとして・・・

私にとってお初のレォン君でした。

「サッドムービー」・・・
釜山でやってた?間もなく公開?かわからなかったけど、チラシがいっぱいあった。
もって帰ってくれば良かったね。

Posted by: mallow | January 25, 2006 at 12:26 AM

うりうりちゃん アンニョン!
私も映画、観ました~
イム・スジョンちゃんが、相変わらずかわゆくて
やっぱりお母さん役のミスクさんが光ってたよね☆
ほんわかした、普通のラブ・ストーりーだったけど
観終わった後味がよかったよね。
所でウソン君の「ザットムービー」公開して欲しいよね~
もしかしてもう日にち、決まってるの??

Posted by: satomin | January 25, 2006 at 05:25 AM

あ~っこの映画の予告編♪
「トンケ」観にいった時にやってたわ。
予告編見ただけでもホンワカした感じがしました^^
今年になって、まだ映画館に足を運んでいにゃい・・・
今日は レディスディだーーっ!!

ウソンちゃんとのキッス♪ かわいいな(^^♪

Posted by: onion | January 25, 2006 at 09:06 AM

sarasaさま
冒頭にほっぺにチュッ!ってしてるから許してちょ^^;
「アメノナカノ青空」にしても「サッドムービー」にしてもキスシーンを可愛くしてしまうのはイム・スジョンならではかな?!

この映画も日本公開まで2年ぐらいかかってんのね。
「サッドムービー」も2年待たなきゃいけないのかな(ToT)

Posted by: うりうり | January 26, 2006 at 12:16 PM

mallowさま
宣言どおり、sarasaオンニーに拉致られたん(笑)
おいらはオンニーの遠隔操作による行動(爆)
でも拉致られ甲斐のあった映画でしょ?
遠隔操作されてよかったわん。
この映画が初レウォン君でよかったもん^^

釜山では「デイジー」やったみたい。
「サッドムービー」は10月公開だったからそのチラシかも。
今度韓国行かれる時はきっと「デイジー」公開中だと思うから
そのときはヨロシクね^^


Posted by: うりうり | January 26, 2006 at 12:23 PM

satominさま
おいら女の子のお母さんになる自信がないんだけど
ミナとミスクみたいな親娘になれるんだったらいいかなって思っちゃいました。(←まだ生むつもりかい!)

「サッドムービー」日本公開なんて話にも上がらないのに、韓国ではDVD発売が決定しちゃったし…。
さみすぃ~(ToT)

Posted by: うりうり | January 26, 2006 at 12:29 PM

onionさま
予告だけでなく本編もホントほんわかしてました。
昨日のレディースデイ行かれましたか?
この映画は渋谷のシネクイントで観たけど
朝イチの回は、な・な・なんと!!1,000円です!
すばらすぃ~(^-^人

あのキスシーン、ウソンチャン笑っちゃってNGを出しちゃったらしいけど、いいよねぇ~。

Posted by: うりうり | January 26, 2006 at 12:36 PM

そうなんや。
『デイジー』って3月公開なん?
映画館行って、頑張って、チラシGETしてくるね。

Posted by: mallow | January 26, 2006 at 10:27 PM

mallowさま
1月公開が2月に伸びて、HP上では3月ということになってるんだけどね。
4月まで伸びないこと祈ってるわん^^

Posted by: うりうり | January 27, 2006 at 10:53 AM

うりうりさん、はじめまして~☆
「アメノナカノ青空」の傘の記事にコメありがとうございました♪
今日は購入してから、初めての雨なので・・・あとで出かけるときにさそうとちょっとウキウキ♪しています。
雨なのに・・・(笑)。
スジョンちゃん、ホントにかわいいですよねー。
わっちも大好きなんです♪
またよらせてもらいますねっ。

Posted by: わっち | February 01, 2006 at 10:43 AM

わっちさま
こちらこそご来訪ありがとうございます。
昨日の天気予報を見てわっちさんの事、考えちゃいました。
わっちさんの頭の上は「青空」ですもんね^^

おいらにとって初スジョンちゃんでしたが、本当にカワイイ女の子ですね。
こちらこそよろしくお願いします。

Posted by: うりうり | February 01, 2006 at 03:43 PM

また来ちゃいましたぁ。
昨日はあの傘が大活躍でしたよぉ♪
ちょっと照れくさかったですが(笑)。
ヤフーブログの方にも来ていただけて、嬉しかったです。
ヤフーブログの方のお気に入りに登録させてもらっちゃいましたぁ。
今後ともよろしくおねがいします☆

Posted by: わっち | February 02, 2006 at 11:09 AM

わっちさま
よかったですね~♪
あの傘を見て「あっ!」って思われた方は
韓国映画通かMOMA通かってトコロですよね。
傘壊し名人は昨日も壊しました^^;
おまけに子供の分まで壊しました(T▽T)
「青空」傘への道のりは遠そうです。
こちらもリンク貼らせて戴きました。
こちらこそよろしくお願いします。

Posted by: うりうり | February 02, 2006 at 03:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89443/8323583

Listed below are links to weblogs that reference 「アメノナカノ青空」@映画館:

» 『アメノナカノ青空』 [京の昼寝〜♪]
残された時間、僕は君に何をしてあげられるだろう ■監督・脚本 イ・オニ■キャスト イム・スジョン、キム・レウォン、イ・ミンク□オフィシャルサイト  『アメノナカノ青空』 生きるのがちょっぴり苦手な少女ミナ(イム・スジョン)。 ある日、彼女が住むマンションの下の階に、ちょっといい加減で図々しいけれど、人なつっこい笑顔が憎めないカメラマン、ヨンジェ(キム・レウォン)が引っ越して来る。 運命�... [Read More]

Tracked on January 24, 2006 at 11:57 PM

» アメノナカノ青空 [あっという間に…]
  「アメノナカノ青空」日本公式サイト(原題)『…ing』(2003年11月)2005年12月より全国で順次公開 キム・レウォンの 映画5作目。 同年 7月のヒットドラマ『屋根部屋のネコ』のすぐ後に 撮られた作品です。 当時キム・レウォン22歳、主役のイム・スジョンssiは 23歳です。で、劇中の レウォン君は そのままの年齢のようですが スジョンssiは 17歳の役です。でも それがとっても自然... [Read More]

Tracked on January 25, 2006 at 10:18 PM

» 「アメノナカノ青空」涙より微笑みでいっぱい [soramove]
「アメノナカノ青空」★★★ イム・スジョン、キム・レウォン主演 イ・オニ監督、2003年韓国 さわやかな映画 淡い恋心、 優しい人々 真剣なまなざし。 病弱の女子高生と マンションの下の階に越してきた カメラマン。 彼が彼女のスナップ写真を撮影し その写...... [Read More]

Tracked on January 26, 2006 at 09:05 PM

» アメノナカノ青空 [roninの気になること]
映画の感想は十人十色。みなさんはどう感じられましたか? [Read More]

Tracked on January 28, 2006 at 04:17 PM

» 残された者の生き方を考えた◆『アメノナカノ青空』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
1月25日(水)シルバー劇場にて ミナ(イム・スジョン)は、これまでの人生のほとんどを病院で過ごし、やっと退院してきたばかり。期待していた女子高生活だけれど、まわりの少女達の世界にとけ込むことができず、自分の世界に生きている。そんなある日、マンションの下の...... [Read More]

Tracked on February 03, 2006 at 12:05 AM

» 『アメノナカノ青空』 [ストーリーの潤い(うるおい)]
鑑賞してからちょっと時間がたってますが、とても良い作品だったので少し触れます。 以下に書くあらすじ、ネタバレかどうか、かなり微妙です。 とにかく、とても良い作品だったので、観て損はないと思います。 なお、私・RYUYAが勝手に内容を整理したので、映画の内容を正...... [Read More]

Tracked on February 26, 2006 at 05:06 AM

« 『SAYURI 』が中国で上映中止 | Main | あなたならどうする? »