« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

「デイジー」観て良い事をして

ン~、なんか意味不明なんですが

innolifeの記事に出ていました。→こちらから

早い話が前売ペアチケットの売上げの50%が慈善団体に寄付されるということだそうで。

おまけに撮影地オランダでの写真がつくそうで。

おいらはこっちのほうが気になりますです。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

おめでとう!!

あなたは誰もが認める女王です。

荒川静香選手
金メダルおめでとうございます。

感動した!

| | Comments (10) | TrackBack (1)

トビー・ドーソン選手

オリンピック好きなおいらもさすがに疲れが出始めて・・・おうちでPC前に座ることもなく、自分の布団で寝ることもなく、まさに「テレビっ子状態」にありますです^^;

トビー・ドーソン選手

朝鮮日報に彼の顔写真と彼のバックグラウンドが紹介されてます

モーグル男子の銅メダリストです。

アメリカ代表選手なんですが、姿かたちは「東洋人」。

ドーソン選手の生まれは韓国。幼い時に孤児となりアメリカ人と養子縁組をされた方です。

「実の韓国の両親に会いたい」想いでこのオリンピックに参加されています。滑り終えた後、真っ先にゴーグルをはずし、TVカメラに向かっていました。

そんなドーソン選手に「自分が父親だ」と名乗る男性が現れたと今朝の朝日新聞の記事にありました。3月に韓国で開催される国際大会にドーソンさんが出場する際に、DNA鑑定を希望されているそうです。

24年の歳月を経て、お会いできるとよいですね。ドーソンssi!

日本でも孤児を養子として迎える方も居られると思いますが、他国の孤児を養子に迎え入れる話はあまり聞きません。

韓国の孤児がアメリカ人の家に引き取られていくのは、よくあるのでしょうか?

「恋愛時代」のシン・ヒョンジュンssiの役も、「ラブ~最愛の人」のコ・ソヨンssiの役もアメリカ人と養子縁組をした韓国人でした。イ・ボムスssiは劇中で本当の親を探すお手伝いをしていました。

どんな場所で、どんな家庭に生れ落ちても、やはり子供達には笑顔で育って欲しいでせう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あれから1年・・・

イ・ウンジュさんがこの世から旅立たれてそんな月日が流れてしまったんですね。

イ・ウンジュさん死去1周忌の追慕公演 by朝鮮日報

ビョンホンニムも参加するそうです。

そーいえば、前にイ・ウンジュさんとチャ・テヒョンさんとソン・イェジンさんの3人が出演している映画を録画したまま見ていなかったことに気がつきましてん。近いうちに必ず観よーっと!(オリンピックの間にね。)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

トリノオリンピック 競技4日目

さすがに眠気には勝てませんでした。
一番見たかったフィギュア高橋大輔のSPまだ見てません(;-;)
フィギュアってジャンプばかりに目が行ってしまいますが、基本は「氷の上をすべること」だと思うんです。だからスパイラルやステップがきれいな選手がおいらの好みです。
高橋もストレートラインステップがきれいな一人。SPが終わって暫定5位。メダルを~って煽るのはよしておくとして、気持ちを楽にフリーに臨んで欲しいものです。

眠気と戦いながらもスピードスケート女子500mはがんばって見てました。岡崎朋美さん、本当に残念な4位ですね。体調を崩されていたのにもかかわらず、選手団主将としていろいろと頑張ってこられた上でのこの成績は立派だと思います。でも悔しいだろうなー。
そういえば、先のアテネでも選手団主将を務めた柔道の井上康生さん。彼も万全ではないのに一生懸命主将として勤めてこられました。1選手としてオリンピックに出るだけでも大変なのにやはり別の重圧もかかってしまうんでしょうか?

じみぃなスポーツですが、「カーリング」。リーグ1勝ですね。ソルトレイクのときだったと思うんだけど、見ててはまりました、おいら。知能とテクニックとチームワークが大切なんです。意外と面白いんだって。そのソルトレイクのときだったかなぁ、アメリカとの試合で負けたんですよね。今回はそのアメリカ相手にまず1勝。そういえばカーリングチームの実話にした映画、出来ましたよね。名前が思い出せない…主演が加藤ローザちゃん。誰か知ってたら教えてください。あと、キム・スンウssiの新しい映画もカーリングの選手。地味ですがスポット当たってきました?!

映画タイトル思い出しました!「シムソンズ」です。

距離スキーで女子の団体で夏見・福田ペアが初入賞。これもめでたい^^クロスカントリーが強くなればノルディック複合ももっとレベルアップすると思うんです。女子ですが日本全体でレベルの底上げ、期待できそうですね。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

トリノオリンピック 競技3日目

スノーボードハーフパイプ・女子は3人が決勝に駒を進めましたね。今井メロさんの無念の転倒がなければ4人とも駒を進めてたかもしれません。転倒したとき手のつき方がおかしく見えたから肩か肘をおかしくされたのかと思ったけど、診察結果は「腰椎捻挫」だそうです。お大事にしてください。
中島志保さんの9位が最高位でしたが、決勝で転倒してしまった伏見さん、本当に残念でした。
よく言えばですが
男子も女子もまだまだ伸びしろのあるスノーボードハーフパイプ。この大会をよい経験としてバンクーバーへつないで欲しいものです。

見ていてあまりにも力が入りすぎてしまったのはスピードスケート500m。世界最速だった清水宏保の記録を塗り替えた若い加藤条治さんにメダルの期待がかかるも、1走目の直前のレースで選手の転倒によるコース整備が入り、リズムが狂ったのか、出遅れてしまいました。でもちゃんと巻き返しを図って6位入賞です。及川佑さん、1走目から乗ってました。おしくもメダルに届かず4位でしたが、2組を残した時点ではトップでしたね。立派な成績です。まだ若い2人のこれからの活躍、期待できます。
残念ながら氷に乗れてなかったのは清水さんとカナダのウォーザースプーン。ソルトレイクや長野での滑りでの印象とは程遠いほどでした。3連続大会メダルの難しさ、現役でトップに居続ける難しさを垣間見た気がします。

フィギュアスケート・ペアの井上・ボルドウィン組。SPで成功したスルートリプルアクセル、ふりーでは失敗しちゃいました。順位を一つ下げてしまいましたが、建て直しの難しいSPで挑戦して、成功したことはすごいことだと思います。

好スタートを切れたとは言い切れない日本ですが、まだ大会4日目。
楽しみは後にとっておきましょう(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トリノオリンピック 競技2日目

波に乗れなかったのでしょうか?

原田雅彦というムードメーカーを失った日の丸飛行隊は失速しちゃいましたね。
予選1位通過の葛西紀明さんでさえメダル争いに加われないほど。
「ノーマルヒルで」といわれた原田さんもラージヒルにも出場できるかもというニュースも流れました。ぜひとも巻き返しを期待しております。

スノーボードハーフパイプも不振でした。
ウインタースポーツ好きだといいながら
スノボだけはコメントできませんm(_”_)m
とゆーのも挫折したんですよぉ、スノボ^^;
だから、国母くんも成田くんも凄く良く滑れたと思ったんだけど
点につながらなかったのも良く解らないんだけど
優勝したショーン・ホワイトはインパクトありました。
でもね、予選落ちしてしまった彼らのコメントから悔しさは感じました。ぜひとも4年後につなげていただきたいです。

ジャンプの岡部さんにしても国保くんも成田くんもワールドカップでは優勝してるんですよね。

やっぱりオリンピックは何かが違うんですかね~。

日本人選手は出ていませんが手に汗握るアルペンスキー・ダウンヒル!毎週のようにスキー場へ行っていた頃。ダウンヒルごっこなる事をやってました(おばか~)が、やっぱり無理でした。ほんのちょっとコース取りがずれただけで、0.01秒差が出る世界。あとこの競技は死亡事故があったくらい危険が隣り合わせでもあります。選手が無事に滑り降りてくれる事も祈りながらの観戦でした。

そういえば書き損ねた大会1日目の気になった事。
ノルディック複合の高橋大斗さんが後半の距離スキーを棄権された事。個人がダメでも団体があります。万全にならなくても納得の行く体調に戻して挑んで欲しいものです。

JOCトリノオリンピック公式HP
Yahoo!オリンピック特集

| | Comments (2) | TrackBack (0)

トリノオリンピック 競技1日目

ぢつわですね・・・
おいらはウインタースポーツは見るのもやるのも大好きなんです。
(他のスポーツは見る専門なんですけどね。)
しばらく夜更かし隊になりそうな予感です。

ジャンプの原田雅彦さんは規定より長いスキー板で飛んだという事で失格になってしまいました。身長と体重で板の長さが決められるそうですが、たったの200グラム体重が足りなかったというだけで失格です。K点越えのジャンプを見せてもらっただけに残念です。

スキーモーグルの上村愛子さん、5位入賞を果たしました。メダルに手が届かなくって残念ではありましたが、コークスクリュー720はめちゃくちゃかっこよかった~!

フィギュアスケート・ペアで「アメリカ代表」として出ている井上怜奈さんも現時点でトップ3に入ってます。なんといってもすごいのが「スロートリプルアクセル」男性に投げられながらトリプルアクセル決めちゃったんですからね。見事です。今日はショートプログラム、フリーでどこまでいけるか楽しみです。

JOCトリノオリンピック公式HP

| | Comments (2) | TrackBack (3)

4月からのハングル講座は?

NHKより来年度のハングル講座の出演者が発表されました。

Yahoo!ニュースより

この方です!spacer spacer

第36回2004年ミス日本グランプリ 嵯峨百合子さん

・・・で、先生は?

| | Comments (10) | TrackBack (1)

お口直しに

ちょっくら真面目に語ってしまったので、今回のデモ等に参加したくても参加できない中国ロケ中のウソンチャンのお話。

完璧な殺し屋”演じるため猛訓練 by WoW!Korea

おいらの知る限り、ウソンチャンはいろんなアクションをこなされてきたと思います。ですが今回の「殺し屋」の役の為にかなりいろんなことをされてきたそうです。

映画の中では「韓国語」のみならず「英語」「中国語」も使っている様子です。英語力は「アスファルトの男」を筆頭に「恋愛時代」「ラブ-最愛の人-」でアメリカロケしてますし、劇中も使ってますから安心してられますが、「中国語」とは・・・。ドンゴンssiと同じ苦労されてきてたのねん。

ここではお伝えしませんでしたが
韓国の公式ファンクラブ「映画人」が「中天」中国ロケ地に救援物資を送るという企画がありまして、無事に荷物が届いたようです。そしてウソンチャンからのメッセージが!久々に倒れるかと思いました^^;ちなみに送られた品々はNOTICEの「中天」とかかれたところをクリックすると出てきます。とにもかくにも喜んでいただけてよかったっすね^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

影におったな!

2/10午後のコーヒーブレイクに訂正と追記しました。

この問題、真っ先に知ったのはなんと「朝日新聞」なんです。一般紙でも取り上げられるこの「スクリーンクオーター制度縮小問題」。今回はちょっと真面目に取り上げてみようと思います。

「スクリーンクオーター制度」とは

説明しよう!(最近ハマッテマス^^;)
「スクリーン・クオーター制度」とは、韓国内全ての映画館に対して年間106日以上は国産映画上映を義務付ける制度。

その制度が縮小されようとして問題になってます。by朝鮮日報

御大アン・ソンギssiが一人でデモを行なえば、あとにはチャン・ドンゴンssiがデモを行なうチェ・ミンシクssiは「文化主権放棄した国の勲章はいらない」と2004年に貰った文化勲章を返却し、我らがビョンホンニムも縮小反対の集会に出席するという。

そりゃそうです。
国が保証してくれていたものが削られたりなくなったりすれば、危機感を募らせ、反対運動を行なっても当然だと思います。

そんなこんなネットをうろうろさまよっていたらこの制度の弊害も見つけちゃいました。

今話題のハリウッド映画「SAYURI」はまだ上映されていないし
現在、韓国では外国映画は「SAYURI」以外上映されていらしいし、なんといってもチョ・ナンカン主演の「ホテル・ヴィーナス」さえほとんどと言ってもいいくらい上映されなかったらしい。(つい先日まで「日本語」の入ったものは禁止されていたんですから、日本映画の存在が少ないのは致し方ないとしても「ホテル・ヴィーナス」は全編韓国語ですからね。)

それでは「観たくても観れない映画がたくさん存在してしまう」と言う事だよね。それでは韓国の映画ファンはかわいそうだよね。

韓国国内で制度の議論が出てきたり、韓国政府が独自の考えて制度の見直しを推し進めているのならちょっぴり応援したい。だっておいらは「俳優」ではなく「いち映画ファン」だから。たくさんの映画が見られる機会が増える事は正直喜ばしい事だもん。

「ちょっと制度をゆるくして、たくさんの映画を観れるようにしてあげようよ(^人^)」

でも素直にいえないんだな、これが。

この問題が「アメリカからの圧力で縮小されようとしている」からなのさ!

アメリカの自国利益のための外交折衝には我々日本人もうんざりしてるっしょ?オレンジ・牛肉に始まって事細かな規制緩和の裏にはいっつもアメリカさんがいらっしゃる。またかよっ!って国民は思ってるのにいつもアメリカに屈する日本の政治家さん。だからね、今回はアメリカさんに屈しない韓国の政治家さんを、そしておいらの大好きな俳優さんたちを見守っていたいんです。

でもね、もしアメリカさんに屈してもこれだけは日本人として助言できるのよ。

アメリカから牛肉が来たってやっぱり高くてもおいしくて安全な和牛を選んだよ。オレンジが安くたってやっぱりみかんとは違うのよ。ハリウッドが来たって、大リーグが来たって、良いものは認められて、ダメなもんは排除されるのよ。

今の韓国映画はそんな制度に守られなくっても、十分世界に通用するよ。
コクチョンマー^^

追記(ぼやき)でせう。
この問題の発端は韓国とアメリカの政府間であるわけでして、決して韓国政府と韓国映画界との問題ではないと思うんです。スクリーンクオーター制度をもう一度理解いただくために制度の記述もしましたが、おいらはアメリカの外交折衝が韓国の内政干渉に思えたから、わざとタイトルに「スクリーンクオーター」を入れませんでした。もっとこの問題に隠されている本質を見ていただきたくて、この記事書いてみました。そして先日の集会後に.comに上げられたビョンホンニムの声名がものすごく核心を突いていて、もやもやが少し落ち着きました。
「木を見て森を見ず」になりそうな日本向けの報道は本当に残念に思えました。

| | Comments (10) | TrackBack (3)

今日の「輪舞曲」

ちょっとぉ~!!

竹ノ内さんとジウちゃん

いつアキバでロケったのよっ!

あ~~ん(>_<。)

おいらの生活圏内なのに

出てきた場所ぜーんぶ何処にあるかわかってるのに

遭遇はおろか、耳にも届いてなかったぢゃないのよ!

ちょっとだけくやしいっす。

これがビョンホンニムやウソンチャンだったらと思うとぞぉ~っとするだわさ。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

うらやましい

来週から「PROMISE」が公開されますね。

新聞に1面広告出てました。

さきほどTVで特番やってましたが、香港の映画監督らしい色彩とCGの使い方。ちょっと「HERO」を彷彿しました。
あーんど、真田広之さんの身のこなしはキレイです。JACだもんね。当たりまえっちゃー当たり前かも。
「アジア発の映画のために1流スタッフ総結集」とゆー作品ですから、やっぱり見てみたい。

で、おなじく映画の1面広告に。
「タイフーン」4月8日全国ロードーショー決定です!

言っていーですか?
それもカラー1面広告!配給は東映。

それだけ期待があるっつーことなんでしょう。えーなードンゴンペン。

とか言いつつ、2作品とも観に行くんだろうな。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

2月3日は

日本においては「節分」ですが

「バンサモ*1」にとっても大切な日だったのですね。

2月3日は「バンジージャンプする」公開5周年。

17_b そして韓国では今日の17時から5周年の再上映会を行なうそうです。

バンジージャンプする韓国サイトご案内訳文

こんなに長く愛される映画もなかなかないですよ。いい映画に出会えてよかったね、ビョンホンニム。

すばらしい。。。

*1「バンサモ」とは
説明しよう!
韓国語で“映画『バンジージャンプする』を愛する(サランハヌン)人々の集い(モイム)”を短く略した言葉である。
by「バンジージャンプする」スペシャルブックより。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

決まった・・・(^0^)/

「デイジー」日本公開が決まりました!

5月27日 デイジー公式サイトより

この日のスケジュールは決定ですねん^^

| | Comments (6) | TrackBack (0)

「THE有頂天ホテル」@映画館

今回は「古畑任三郎」に魅せられた6歳児のリクエストです。

やっぱりおいらのばか息子はタダもんぢゃないね( ̄^ ̄)v
っつーおいらも親ばか~^^;

三谷さんは裏切りませんね。素直に面白かったです。
en60113b 「THE有頂天ホテル」オフィシャルサイト

もちろんここから先はネタバレあります。

そしてあの豪華キャスト。
ご出演されている方はもちろん、「ホテル館内アナウンス」だけに清水ミチコさん、「逃げ回るアヒル」の声は山寺宏一さん。津川雅彦さん、伊東四朗さん、西田敏行さんも「こんだけでいいの?」って感じだったしね。ゴージャス感はないけど「みんなのいえ」のご夫婦のサプライズ出演もあるし。
叶姉妹よりもゴージャスキャストを揃えられる人も三谷さんならではなんでしょう。

全員を一度に映さなくてはならないし
三谷さんの得意の「ワンシーンワンカット」には多少目の回りそうなカメラワークもありましたが
本当にゴージャス(^-^人。

笑いだけでなく、心も温かくなれるし、ほろっとしてしまうところもあるし、本当に楽しいかったです。映画館でここまでケラケラ笑えたのも久しぶりでしたね。

三谷さんて
「古畑任三郎」や「笑の大学」みたいに少ない登場人物で掘り下げていく事も
「王様のレストラン」やこの映画みたいにたくさんの登場人物とたくさんのストーリーを同時進行させてシンクロさせていくことも
出来ちゃう人だよね。すごい人だわさ。

って映画の話ではなく「三谷幸喜」絶賛になってしまったわん!

映画の話はおそらく多方面からお耳にされている方も多いかと思われます(←って手抜きかよっ!)

で、今回はおいらの個人的「萌え~」感想を。

あのハリウッド俳優、役所広司さんに「おかえりなさいませ」「いってらっしゃいませ」って言わせちゃうんですよぉ~。メイド喫茶でメイドさんに言われるよりもおいらは役所さんに言って頂くほうが「萌え~」です。

ネタバレになりますが佐藤浩市さまがホテルマンの制服着ちゃうんですっ!ビョンホンニムの「白夜」での制服姿も、ウソンチャンの「ユリョン」の制服姿もバキューンと来ましたが、こちらも同じくらいにやられちゃいました~^^

笑えて萌えられて?!楽しい映画でした。

「観に行こう!」って言ってくれた長男に感謝・感謝!

ちなみに長男のお気に入りは「副支配人(役所さん)&アシスタントマネージャー(戸田恵子さん)、次男は「年が明ければいい事あるわ~」という台詞と共にこの台詞の持ち主「コールガールのヨーコ(篠原涼子さん)」だそうです。親から見ると登場時間の半分以上が白塗りだった総支配人(伊東四朗さん)」だと思ったのになぁ~・・・

| | Comments (8) | TrackBack (10)

« January 2006 | Main | March 2006 »