« ル~ルルッ♪ | Main | あれから1週間 »

アンドリュウ・ラウ監督

アンドリュウ・ラウ監督

けさの朝日新聞のアジア面にインタビューが出てました。
なかなか興味深い内容で。
「デイジー」の依頼を受け、ロケハン兼ねてソウルに滞在されたそうで。その時に香港と韓国の恋愛の形の違いに気が付かれたそうです。でも、韓国人ではない自分が撮るならと、韓流ではない、ラウ流の表現にされたそうです。
実は先日、「頭文字D」を見たんですが、とっても面白かった。原作マンガは読んでないんだけど、映画として大好きな作品です。
もちろん「インファナル・アフェア」は大好き!
アンドリュウ・ラウ監督が撮った韓国映画、「デイジー」。
めちゃくちゃ楽しみだじょ〜♪

|

« ル~ルルッ♪ | Main | あれから1週間 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「韓流」カテゴリの記事

Comments

「頭文字D」は、私も楽しめました!
「インファナルアフェア」とは、また違ったショーン・ユーとエディソン・チャンに逢えますよね。
「ディジー」は、本国韓国では、ちょっとのび悩んだようですが、日本ではどんな結果が出るか楽しみです。

Posted by: カオリン | May 09, 2006 at 08:21 PM

こんばんは\(^o^)/
情報ありがとうございます。m(__)m
明日、図書館に行こうかな?と思っていたので、朝日新聞をチェックしてみたいと思います。(^_-)-☆
私も「頭文字D」観ましたよ~(^_^)。
F1などがあまり好きではない私でも楽しむことができる作品でした。(^_^)
それから、今日の「徹子の部屋」観ました。(^_^)
ビョンホンさん、結構緊張されている感じで、「バンジージャンプする」のインウがテヒの前では緊張してしまっていて、しゃっくりを出しまくる場面を思い出しました。^_^;
最後はいいコメントで締めくくってくれました。(^_^)
「夏物語」も期待したいと思います。(^_-)-☆

Posted by: たやけん | May 09, 2006 at 10:22 PM

カオリンさま
おっしゃるとおり
「インファナル~」に出演していた俳優さんが、こんな風にイメージが変わるとは思いもよらず。
役者&監督の腕を見せられましたわ。
「デイジー」は
韓国映画ファンだけでなく、香港映画ファンにも
見ていただきたいですね^^

Posted by: うりうり | May 11, 2006 at 02:45 PM

たけやんさま
間違って走り屋クンの助手席に乗ってしまって、大変な思いをした青春を思い出しながらの「頭文字D」でした。

「徹子の部屋」のビョンホンニムの緊張もさることながら、徹子さんも緊張してましたよね~。
通訳サンだけが平常心?!
あれが「インウ」だったらひゃっくり出てますよ、確実に!

Posted by: うりうり | May 11, 2006 at 02:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89443/9983838

Listed below are links to weblogs that reference アンドリュウ・ラウ監督:

« ル~ルルッ♪ | Main | あれから1週間 »