« July 2007 | Main | September 2007 »

August 2007

HERO PHOTO GALLERY

シネマぴあのメルマガ限定だって♪

もちろんビョンホンニムもいるよん^^v

もちろん久利生クンはいないけど(笑)

HERO PHOTO GALLERY はこちらから

| | Comments (0) | TrackBack (2)

そこから盛り上がるん?!

おいらのばか息子達の話。
やっとひらがなだけ読めるようになった次男。
車で移動中に
「『ひったくり』ってなに?」
と聞かれた。
赤信号の時にたて看板が目に入ったんだろう。
「歩いてる人や自転車乗っている人のカバンを勝手に盗んじゃうこと。」
と、丁寧に説明したつもりだったのだが、次男は(?_?)顔。
そこで長男がフォローしてくれたのだが、それがウケるんだって!
「チョン・ウソンが、バイクに乗ってた人を、車のドア、バーンと壊して転ばせたじゃん。あのバイクの人がひったくり。」
おぉ!おいらのばか息子だけあって、見事なナイスフォロー!!
あーんど、次男もぴーんと来た様で!
ココからがまたすごい。
次男「そうそう、こーやって(スジンの真似しながら)手振ってるときに、カバン盗られちゃうんだよね。」
長男「で、チョン・ウソンひったくり追い掛けるんだよ。」
次男「ビビッて逃げるんだけど、木にバーンってぶつかるんだよ。」
長男「チョーおかしいよね」
って二人で大ウケ。
…あのシーンってそんなにウケるところ?!
てくらい爆笑してた。
図に乗り出した次男が
「チョン・ジヒョンの所に『お花でーす』ってやる人もひったくり?」
長男&おいら
「違います(−_−メ)」 …次男よ、ホンマに理解できたん?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウソンチャンが冴羽リョウに?!

こんなニュースが飛び交っておりますが、どうなんでしょう?

チョン・ウソン 日本ドラマ『シティーハンター』主演

@nifty韓流WoW!Koreaより。

シティーハンターは大好きだし、冴羽リョウも大好きだけど、なんか素直に喜べないわ。

たしかジャッキー・チェンもシティーハンター映画でやったよね?

アニメの実写は本当にイメージが狂うと、好きな俳優でもいやになるしなぁ。

ベースはハードボイルドだから、ウソンチャンにはもってこいだとは思うよ。
でもなぁ、どスケベなリョウの部分、あんまし想像出来ないわぁ。

チョン・ウソンには「ドラマ」ではなく「映画」のステージにいてほしい。

なんて、ごにょごにょ書いてるけど

ドラマ始まったら、ごっつー勢いで観るんだろうな^^;

| | Comments (6) | TrackBack (2)

I COME WITH THE RAIN

とうとう YAHOO! JAPAN でも詳細が出ましたね。

キムタク、仏から英語でカンヌ取り…金獅子賞受賞トラン監督作品

「I COME WITH THE RAIN」

誰が雨と一緒にやってくるのでしょうか?楽しみですねぇ。

・・・間違っても「ピ(Rain)くん」と一緒ではないですじょ^^;
(それはそれでうれしいかも♪)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏休み映画

甲子園も準決勝。
夏が終わるって感じですかね。

今年の夏は、久しぶりによく映画を見た気がします。
といっても、コドモ映画ばかりだけど。
おかげで
TOHOシネマズの子供向けスタンプラリーは完走^^v
そんなわけで、今年の夏の自由研究は

2007年の夏に観た映画のお話。

1本目「西遊記」

「俺様の名前は斉天大聖・孫悟空様だ!」
予想を裏切らない、読める展開なんだけど
そこがいいんだよねぇ~♪
素直に楽しめたし、予想外のキャスティングなどなど
期待をも裏切らない!
TVシリーズと同じように
成長してゆく三蔵法師&悟空が話す台詞は心に残った。
子どもたちも覚えてるから、諭すのにも使える。
「ありがたいお経より、身にしみる台詞」だわ。
ワイヤーアクションを取り入れず 、吹替えも使わずに
正統派アクションをやり遂げたキャストたちに拍手!

2本目「ポケットモンスター ディアルガVSパルキアVSダークライ」

ここに遊びに来る人には一番オススメではないかも。
というのも、10周年記念に気合入れてるのは分かるけど
「神」といわれたポケモン同士の喧嘩に人間が巻き込まれて
人間に疎まれているポケモンがそれを助けるっちゅーもんなんだけど
前作や前々作のほうが個人的にはスキ。
もともとポケモン肯定派ではないおいら。
だって、競技とはいえ友達(またはペット)を戦わすんだよ!
そこに至るまで、育て、成長させる過程が子どもたちは楽しいようだが
やっぱり友達とペットとは平和でいたいよね。
DSを持っていくと、劇場スクリーンからダークライがゲットできるというおまけ付。
任天堂の商魂たくましさに、頭が下がりつつも
身を乗り出して観ていた子どもたち、必死にDSを操作する子どもたち
現代っ子はこれでいいのか、と妙に納得するしかなかったな。

3本目「レミーの美味しいレストラン」

正直、ねずみが嫌いです。
ランドで「MEET MICKEY」でハグしてもらうまで、ミッキーマウスも嫌いでした。
そして、やっぱり今でもねずみに逢ったら
~~~~~(ノ≧ロ)ノぎゃぁぁぁぁぁ
って逃げると思います。
でもね、ねずみにたくさん教わりました。
女だしぃ、学歴ないしぃ、バツイチだしぃ、子持ちだしぃ。
それは単なる言い訳なんだね。
自分が自分らしく生きていくことには、勇気が必要だけど
やっぱり逃げちゃいけない。
家族があるのも、仕事があるのも、今の自分があるから。
どっちが大切なんてことはない。
それを全部ひっくるめて私なんですから。
ありがとう、レミー。
もうひとつ。
どんな美食家でも、忘れられないのは「お母さんの味」。
そげなもの、最近食べさせてなかと_l ̄L○
たまには、しゃんと料理でもするか!

| | Comments (0) | TrackBack (3)

とりあえず、アップだ!

おい、おい、

この記事見たら、HEROどころぢゃないって!

イ・ビョンホン、米仏合作映画でジョシュ・ハートネット-木村拓哉と共演 by朝鮮日報

イ・ビョンホン&キムタク、映画『HERO』に続きまた共演 by innolife

おいらも後でゆっくり読もう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジヒョンちゃん VS 小雪さん

あ゛~づ~いーーーーーーーーーっ!

あまりの暑さに壊れそうになっておりますが

ぢつわ

仕事中!

座って新聞が読める通勤電車♪

エアコンの程よく効いたオフィス☆

お盆中のお仕事もなかなかであります^^v

さておき・・・

新聞がゆっくり読めたので、こんな記事を発見しました。

by スポーツニッポン

ジヒョンちゃんと小雪さんが、香港・仏合作映画「ブラッド ザ・ラスト・ヴァンパイア」で競演なんだと。

アジアンビューティの嵐だね。

スタイル的にも似てるんぢゃないかな?このお二方。

「奴X3」も楽しみだが、こちらも楽しみだね♪

| | Comments (2) | TrackBack (1)

帰っちゃった・・・

今日、韓国からホームステイに来ていた小学校6年生の男の子が、帰りました。

正確にゆーと、一緒に来たグループで東京観光をしてから帰国します。

正直
めちゃくちゃ寂しいでせう(T_T)

ばか息子たちなんて、別れたあとに大泣きしてたくらい。

おいらは大人なんで(?!)その場ではガマンしてみましたが

やっぱり寂すぃ。

でも
気持ちを整理するためにも、韓国映画やドラマで役立ったお話を少し。

とにかくね・・・

一般の人、特にシャイな男の子ははっきりと話してくれない。

日本の俳優さんもそうだと思うけど
映画やドラマの台詞って
活舌・発音ははっきりしてるし、丁寧にしていると思う。

韓国の俳優さん達のイメージで韓国語を聞くと・・・

な~に言ってんだか解らんわい┗|゚Д゚*|┛―!?

『男の子なんだから、もっとはっきり言いなさい!』

心の中で何度叫んだか(^^;

それと映画やドラマの中って

やっぱり非日常だしぃ
大人の世界だしぃ
結構、台詞をパクって話しかけてみたんだけど

ノーリアクション_l ̄L○

子供向けではないのかなって思ってしまいました。

大体ねぇ・・・

おうちにさ、ビョンホンニムとウソンチャンのポスターや写真が貼ってあるのに

「へぇ~」

ぐらいで終わって、会話も膨らまないし。

まぁ、小学生にしてみたら

「こんなおっちゃん達が好きなんだ~」

みたいな感覚だったのかも。

そんな中でも、いっちばん役に立ったのは

「ヤァー!」

ってゆーの。

名前を呼びかけても、案外気がつかなかったりしたんだけど

映画で「ヤァーッ」って人に声をかけるのをまねたら、一発で振り向いたり反応してくれた(笑)

日本語も英語もわからない子供と過ごした5日間

ウリ カジョク ウェ ジェサン

Priceless

であったと思います。

また、受け入れてもいいかな、ホームステイ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

いよいよ明日

前にもな~んとなくここに書いたのですが

明日から韓国の男の子が4泊5日のホームステイにやってきます。

12歳の小学校6年生。

初めての受入れなので

楽しみ半分、不安が半分。

言葉に頼ろうとせずに、いろんな方法でコミュニケーションをとってみようと思ってます。

それでも

韓国語のヒヤリングの練習で、ここ数日はブートキャンプをお休みして、韓国映画漬け。

子供も一緒に見る(聞かせる?)から「猟奇的な彼女」が多いんだけど

「ヤー!チュクレ?(死にたいの?)」

とはさすがに言えないわな(^^;

次に見てしまったのは「私の頭の中の消しゴム」

チョルスに見とれてて、韓国語が頭に入らない。

その次は「甘い人生」

と言いたかったのだが

子供も一緒に見るしR指定だし、Happy Smile Cafe の mallowオンニーに

「あんまり勧めない」と助言いただいたので

「バンジージャンプする」。

武道館のイベントで「インウ先生とスハ先生、どっちに教わりたい?」

って、一発目に振り返ったインウ先生に落ちたおいらには「愚問」。

でもスハ先生もいいから「我が心のオルガン」も。

ビョンホンファンなのにゆーのもなんだけど

この映画はビョンホンニムよりもチョン・ドヨンさんのほうが好き。

手元のあるDVDだと限界があるから、TSUTAYAにも出向いたんだけど、見たいのが多すぎて・・・。

久しぶりの韓国映画漬けの日々を送ってみたのであります。

そして今晩は何を見ようかな~♪

| | Comments (2) | TrackBack (2)

« July 2007 | Main | September 2007 »