« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

レーシックを受けました。

25年ぶりの裸眼生活ですheart04

不惑目前にしてなぜ受けようと思ったか?

one8月くらいから、極度のドライアイ状態が続きまして、ソフトコンタクトを使っていたのですが、午後になると目が「しばしば」しだし、酷いときはレンズが「ぽろっdown」て落ちてしまうほどshock

twoそんなわけで、メガネ生活を余儀なくされていたのですが、不惑を目の前に「老眼」ということも頭に入れなくてはならず、「遠近両用」生活だけは避けたく。っつーか、かっこよく老眼鏡が使いたい思いもありcoldsweats01

three母と長男が精神的に不安定な状態が続いていて、真夜中にたたき起こされることもあり、そんなときに「まずメガネ」を探さなくてはいけないわずらわしさもありwobbly

そんなわけで、レーシックにはかなり前向きだったんです。

そんなときに、神奈川クリニック期間限定先着100名プランを見つけ
「出来るできないかは別として、とりあえず検査だけでも」
と申し込んでしまった訳なのです。

一番心配だったのは「ドライアイが酷い」こと。
先生曰く「問題ありません。」とのこと。

それよりも、年齢的に老眼についてのご説明の多かったこと。
「老眼は誰にでも来るからいいんですよー、わかってますから―。遠近両用がイヤなんですよー。」
・・・何回飲み込んだことかsweat02
この年齢において、レーシックを受けるってことがあまりないのかな?

手術を受けるにおいて、一番重要なのは、角膜の厚みと形状のようで、これさえ問題がなければ、ほとんどの方はレーシックを受けることができるようです。


fourこのプラン、平日の指定された時間しか受けられないんだけど、母と長男のことで「休職中」なので、「お金はないが時間はある」今のおいらにぴったりnote
ということで、手術を決めたわけです。

手術の3日前から、点眼を開始します。目薬をさすのがうまくないんですけど、術後は1時間に1回の間隔で点眼するわけですから、そんなこたぁ言ってられませんわな。

手術もあっとゆー間に終わりましたね。
でも、正直、怖かった―weep
手術台に乗ってから「やっぱりやめてもいいですかーcrying」って言いそうになったもん。
点眼麻酔で、痛みもないし、やっていることが見えるのかと思いきや、意外と見えないもんで、よくわからないうちに終わってしまったし。しいて言えば、作成したフラップを戻すときだけは、はっきりみえたな~。

手術終わって、すぐには見えるって感覚がないけど、病院を出て、空を見たときに

「裸眼なんだよねー。見える―。」

って実感がじわじわとわいてきて、でも、遠くはよく見えるけど、足元が若干見えにくかったりで。不思議な感覚でした。

そんな感覚も10分もすれば、痛みに変わり。っつーかずーっと玉ねぎを目の前に置かれているような、しみる痛みbearingが押し寄せて。途中から目が開けられなくなってきて、電車の中はほぼ目をつぶってましたね。ここが一番しんどかったかも。

晩ご飯作れないと察し、コンビニでレトルトカレーを買って帰り、手を洗ったらすぐに点眼薬をすると、痛みが和らぐんだけど、5分もしないうちにまた痛み出しbearing点眼感覚が1時間以上だから、耐えられなくって、8時前には布団にもぐり込んじゃいました。目を開けているのがつらいと感じたのは、コンタクトレンズで角膜に深い傷をつけてしまった時以来。だって、レーシックは角膜削ってるんだもん。あったり前っちゃ―当たり前なんですけど―。

翌朝、「コンタクトレンズしたまま寝ちゃった?」って感じでした。もちろんそんなことなく、よぉーく見えるだけなんですけどsweat01でも、目が乾いているのがよくわかる。コンタクトしたまま寝ちゃった時も、目が乾いてる感じするからかな。まず点眼して、見えてるんだな~って改めて実感。まだごろごろする違和感が残るものの、翌日は診察で病院に行くので、そこでしっかりと見てもらえばいいんで、ある意味安心。

外出する際は、ほこりよけのメガネ(花粉よけのメガネみたいなやつ)をかければいいんですけど、これが微妙に合わなくってsweat02前に「花粉の季節でもないのに、なんでこのメガネかけてるんだろ?」って思ったことあったけど、その方もレーシック受けてたのかなー?きっとおいらも「なんでこんなんかけてる?」って思われてたりしてbleahsweat01

そして、術後の診察では右目・左目ともに0.05→1.5までにhappy021.5なんて数字叩き出したのは、小学2年生以来かも。
ごろごろする違和感も「炎症が残っている」とのことで、炎症止め目薬だけは1時間ごと、それ以外の抗菌・角膜保護の目薬は3時間ごとになりました。

今日は術後2日目。
昨日はPCに向かっているのはしんどかったけど、今日はかなり大丈夫みたい。

おいらが近視になった理由は「暗いところで本を読む」「ファミコンのしすぎ」だと思っているんで、これからは、近視に戻らないよう、心がけていきたいと思います。

おっと、点眼時間だわ。
レーシックを受けて、圧倒的の上達した点眼技術。
これだけでも意外と儲けもんかもーwink

| | Comments (2) | TrackBack (0)

キム・ジウン監督

もしかして、監督業っていいかも(^m^)

って思わせてくれたのは、「GBW」でのキム・ジウン監督。

どー考えたって

「好きな俳優を呼び集めて、やりたいことをやらせちゃった♪~( ̄ー+ ̄)v」

って感じでさぁ。

インタビューでも

「この3人を呼び寄せたことで仕事は終わった。」

的なこともおっしゃってた気がするし。

ビョンホンニムには

「良い奴・悪い奴・変な奴・酷い奴

の称号をいただいてるけど

(たしかにさぁ~、甘い人生では土砂降りの中、土に埋められ、乗馬練習して足骨折したって言ってるのにもかかわらず、回答が「キダリセヨ」だったんだもん。これ以上酷いこたぁないかもよ。)

それでもまた、一緒に仕事するんだもん。

やっぱりいい監督なんだよね。

改めて感じたのが

今年の頭に「W KOREA」の企画で
キム・ジウン監督がウソンチャンと

「선물/Present」

とゆーショートフィルムを撮っていて

つい最近(かなり遅め~^^;)その予告編を見たんだけど

これが「キム・ジウンワールド」

っつーか

「甘い人生テイスト」

でさぁ。

おいら的には(>ω<)もう、サイコー!

てなわけで、ようつべ・・・ぢゃなくてYouTubeからお借りしてきました。

ちょっとだけ、ソヌをウソンチャンがやったら・・・

って想像しましたけど・・・

けど、やっぱり

ソヌはビョンホンニムだわ。

だって、もっと深く穴掘らなくちゃいけないじゃない(^m^)

↑そこかよーっimpact

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WOW FES!

10月10日

晴れsunの特異日であるはずなのに、午前中はrain雨が降った東京地方。

さすが「雨盛」の日だな~coldsweats01

イベント参加の抽選はことごとく外れましたが、子供連れて遊びに行くだけでも楽しそうだし、それでウソンチャンを拝めたら、ラッキーscissorsってな感じで

遊びに行っちゃいましたヽ(´▽`)/

到着したときは、ちょうどメインステージでのトークショーだったんですが、案の定、もの凄く人が多いし、WOWOWも録画しておいたんで、

雑誌「dancyu」とコラボしている屋台で腹ごしらえ。

あっ、いつものことですけど
おいらのブログには食べ物の写真はありませんよー。
「撮る前に食う」人ですから~。

どのお店も美味しかったですよーnote

お腹がいっぱいになれば、運が良けりゃー「きみに微笑む雨」の試写会が当たるスタンプラリーに参加したものの、ここまで来てもはずれましてdown_| ̄|○

気分転換に

ヨーヨー釣ったり↓

Photo

キックターゲットをしたり↓

Photo_2

いろんな体験ブースで目いっぱい楽しんできたので

本日2回目のトークショーはしっかり見ようと

SHIBUYA-AX前の特設ステージへ

Photo_6

Photo_3

すでに、スタンばってる方々も多くって、でも遊び疲れてたおいらは、後方のテーブル席に来て待機。

特設ステージまではいくつものパネルが展示され

ステージには等身大パネル。

Photo_5

その周りには超特大パネル。

Photo_4

大型スクリーンには、試写会会場で行われるトークショーを中継してくれるし、来た甲斐があった~sweat02とゆーもんでした。

試写会会場内では「お宝グッズ抽選会」をやってまして。

四川のパンダ公園のお土産屋さんで買ったパンダのぬいぐるみと命名書とマウスパットとかだったけど

おぉーって思ったのが、ウソンチャンのブレスレッドのプレゼント。

あの数珠みたいなやつですね。

当選された方、おめでとうございます。

会場内のトークショーが終わった後に、特設ステージに出てきてくれました。

マイクボリュームが低くって、お話が聞き取りにくかったんですけど、やっと生ウソンチャンを拝見できまして。

距離は遠かったけど、相変わらずまっすぐな視線を皆さんに送ってました。

最後にステージから降りて、握手もされてまして、サインもされてました。

ばか息子たちに「行ったら?」って後押しされましたけど

やっぱり、疲れて後方で座ってたおいらではなく、頑張ってスタンばっていた方々の権利ですから、お邪魔することなく、見守らせていただきました。

いつものことなんですけど、相変わらず気になることが。

毒吐きますんで、読みたくない人は飛ばしてください。

映画上映しているはずなのに、特設ステージで会いたくて、会場から出てくる人の多さ。

我がばか息子たちも「なんでー?」って驚くほど。

こーゆーマナーの悪さが、いっつも指摘されてるのに、本当に残念だなーって。

目の前で「ウソンシー」って叫ぶことより、ちゃんと映画を観ることが大切だと思っているおいらにとっては、もっとも心苦しい。

WOW FES!を盛り上げるために、大活躍のウソンチャン

本当にお疲れ様でしたhappy01

「きみに微笑む雨」がみんなに愛される映画であること、心よりお祈り申し上げます。

追記:他のお写真はこちらからも見ることができます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず記憶に?

とりあえず記憶に?
とりあえず記憶に?
代々木にて。

1週間前の代々木公園には、まだオリンピックの看板も
「惜しかったなぁ(;_;)」
と思えたけど
今日の代々木体育館の横断幕には
「はよ撤収せい(;-_-+」
と思っちまったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

も一人増えた?!

我が家のかわいいばか息子、次男のお話。

次男は、生後5カ月からの保育園っこということもあるのか

「靴下が大嫌い」shock

であーる。

真冬はもちろん、正装が必要な場所においても、すぐに靴下を脱ぐ。

そして2言目には

「石田純一、目指してるからー(^-^)v」

とほざく。

まだ、小学2年生なんですけどぉ_| ̄|○

そして今日、もう一人

「素足に革靴」を履く奴を見つけた。

そいつの名は

チョン・ウソンw(゚o゚)w

詳細は、シネマトゥデイの「WOW FES!」の記事にあった。

どうやら、前回の来日時に、ウソンチャンも素足に革靴を履いていて、周りから「石田さんだ」と言われたらしい。

さておき、どちらもいい男だから、次男がどっちに転んでもいいんだけどさぁ

もう2年生なのに、時計はまともに読めないし、算数の計算は両手をじーっと見てやるようじゃ

中身は期待できないかもぉ(T▽T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風

風強すぎーw(゚o゚)w

日が差してきたので、雨は一段落したっぽいんですけど、いかんせん風が強すぎる。

さてさて、天候がなぜ気になるかとゆーと

ウソンチャン、きょう来日予定なんですよ。

10日に渋谷で行われるWOWOWのイベントで。

詳細はこちらから

WOWOW加入者には特典満載のイベントなんで、おいらには恩恵がないんですけど、イベントにはだれでも参加できるみたいだし、当日は未加入者でもテレビで様子を見られるようなんで、ひっそりとsign02楽しみにしてみたいと思ってます。

それにしても、風強すぎーsweat02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »