« October 2009 | Main | January 2010 »

November 2009

(^^)/▽☆▽\(^^)

(^^)/▽☆▽\(^^)
美味しいビールが呑めるのも

貴女のおかげでございますー
゜+。(*′∇`)。+゜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ありがとう

ありがとう
この秋

もう少しのところで
あと1完歩のところで
逃げていった勝利。

やっと勝ち取りましたshine

昨年の秋天の時よりも
一昨年のダービーよりも
叫んでしまいました。

CMじゃないけど
「伝説だわ〜happy02

おめでとう、ウオッカ
ありがとう、ルメール
お疲れさま、角居厩舎のみなさん。

外世話な話。
秋の負けが、ここでチャラdollarになりましてsweat01
やっぱ最後は、ウオッカさまさまだわ~coldsweats01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

きみに微笑む雨

公式サイトはこちらから

この映画も上映最終週となってしまいました。

前売りは買ったんですけど、なかなか足が進まなくって。

ってゆーのも、ホ・ジノ監督作品、苦手sweat02でして。

「八月のクリスマス」は好きで、ここにも書いたくらいなんですけど

他の作品は、ちゃんと最後まで見きれていないというか、ここでも書けない。

ホ・ジノ・ワールドにどのようにウソンチャンが絡んでくるか

期待と不安が入り混じった中での鑑賞でした。

あっ、関係ないけど、B6サイズのクリアファイルもらいましたーscissorsちょうどおいらの手帳サイズで、うれしいっすheart04

で、ホ・ジノ作品にしては珍しく台詞が多い。でも、ほぼ英語。

韓国人と中国人との間での英語のやり取り。もちろん、お互い母国語ではないので、気持ちを伝えきれないもどかしさがあるところに、ホ・ジノ・ワールドがありましたね。

留学先で知り合い、恋心を抱いていただけに終わっていた2人が、思いもしないところで再開すれば、気持が盛り上がるのは当然だと思うんですけど

ですけどー!

男(ドンハ)は思い出の中の彼女と目の前の彼女を一緒にし
女(メイ)は今を見据えて生きているから過去のことなんか、どうでもよく。

なのに、お互いの今の状態がわからないまま突っ走ろうとする男に、少し苛立ち。

今では他の男のものかもしれない女の為に
昔、惚れていただけとゆー女の為に
会社の付き合いをむげに断るか~?
海外出張、勝手に1日延ばすか~?

おいらは「身勝手」だから、そんなことされたらheart01嬉しくなるかもしれないけど

我がばか息子がそんなことしたら「あほ・ぼけ・かすーpunch」と怒鳴ることは間違いない。

あー、いつものパターンで韓国映画・ドラマの役におちるんだよねsweat01

女もどうして良いか解らないまま接してしまう。余計に男を惑わす。
キスシーンの時のメイの雰囲気や表情、その後の行動にそれが出てしまうんだけど。

美男・美女の組み合わせというのもあるけど、キスシーンはよかったな~。

迷っているキス・受け入れるキス・拒むキス

これはカオ・ユアンユアンに拍手ですshine

そして、ハッピーエンドへ向かいそうな予感で、終わるんだけど、この終わり方は個人的に好きです。

この後に続くであろうドンハとメイのラブストーリーは、観客だれの目にも明らかなかなものだから

あからさまなハッピーエンドを描かなかった。

んー、これぞ韓国映画・アジアンムービーだわhappy02

ウソンチャン、純粋なラブストーリーは「私の頭の中の消しゴム」以来の2作目。
そんじょそこらにいそうな、独身サラリーマン役柄を演じるのは初めてでは?

なんか、等身大の映画を見た。

「GBW」みたいにどこかに連れて行かれるのではなく、今そこにありそうなストーリー。

たぶん、また見たくなる1作になるような気がしてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

公式サイトはこちらから

公開2週間限定が、延期になって・・・
気がつけば、最終週(;´▽`A``

あわてて見に行ったのが、水曜日。

上映時間に合わせて行ったら、すでに満席状態∑(゚∇゚|||)

出直して翌日の朝一に出かけても、1回目は満席・・・orz

恐るべし、マイケル。やっぱり貴方はケタ違いです。

そして、何がすごいって客層の広さ。

お母さんに連れてこられた、ちっちゃな女の子。
「おまえら、学校は?」と突っ込み入れたくなる高校生。
「お足元気をつけて」と声をかけたくなる老夫婦。

良いうわさが流れず、奇行ばかり報じられていたマイケルに、良い印象を抱けなかった時期も正直あった。

それでも、PVが流れればがっつり見るし、曲も聴く。

ずーっと追い続けてなくても

「ファンが望む曲を~」で編成されていた「THIS IS ITツアー」の編成に、知らない曲などなかった。

バックバンドに対しても「ファンが聴いている音と同じもの」を要求し、バックダンサーにも、丁寧に指導し、そのたびに「God bress you」でしめる。「Thank you」ではなくね。

妥協を許さず、ツアーメンバー全員を、マイケルの頭の中にある理想までに引き上げるために。

マイケルは「リハーサルなんだから本気にさせないでくれ。」と言っていた。

本気になったら、どんな歌を聞かせてくれたのだろうか?どんなパフォーマンスを見せてくれたのであろうか?

今となっては、それすら幻なんだよぉ。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

話はずれるが、三遊亭楽太郎が、円楽師匠に「生きていてくれるだけでいい」とおっしゃったことがあったそうだが

MJ、貴方も「生きてくれるだけでいい」と。失ってから初めて気づいた。

マイケルが残してくれたのは、音楽だけではない。

世界中の子供のこと、地球環境のこと、問題山積の世界から目をそむけないこと、一緒に立ちあがって行動を起こすこと。

そんなことまで、残してくれた。

KING of POP MJ Forever。

ありがとう、マイケル・ジャクソン。

マイケル全盛期に中学生だったおいらですが、自分でも驚いたのが、踊りを覚えてるんですよ。

そりゃー、マイケルみたいに踊れないけど、ピンクレディー並みに覚えてる。

「スリラー」なんて誰もがまねをしたけど、踊りを職業にしていたころにも、いっぱいまねして、あんな風に踊りたいと憧れていた自分がいたことを、改めて思い知った。

歌だって、口ずさめるよ。正しい英語じゃないけど。

スムーズクリミナルは「anybody walkin'」かと思いきや「Annei are you OK?」だしsweat01

静かに席に座って観ているのが、しんどかった。

絶対DVD買って、ばか息子たちに白い目で見られても、家で踊りながら歌いながら観てやる!

でも、ばか息子たちもマイケルのこと、好きですからwink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沈まぬ太陽

公式サイトはちらから

約4時間の超大作。
公開初日の渡辺謙さんの涙
内容もさながら、時間的にも気合を入れてみなければrock

で、気合を入れてみましたscissors
なので、気合を入れてsign02感想を。

エンドロールに「フィクション」を強調しておりましたが

誰が何と言おうと、とある航空会社がモデルであることは明白なんですけど

大なり小なり、このようなことが行われていたとすれば
現在の姿はあるべき姿であると思います。

時代背景は高度経済成長期のお話ですが、この現在にも十分にあり得るし、通用するものだと思います。

「長いものに巻かれろ」は確かな処世術なのかもしれない。

でも、そこに自分の良心に反するものがあったとしても、それを飲み込んで生きて行く覚悟があるのだろうか?

じゃあ、おいらは?
長いものに巻かれてる?たとえ巻かれていたとしても、自分の意に反することをのみこんで生きてる?逃げないで、その場所で闘い続けられる?

政治的な部分も面白く、この時代の内閣を改めて調べてみたくなったし。

もう一度映画館で・・・

というのは、時間的に厳しいけど、ちゃんと時代背景などを勉強しなおして鑑賞しなおしたいです。

「大作」というのもあるけど、俳優も贅沢な使い方をしてましたわ。

えっ?ここだけ?って感じで登場された女優さん・俳優さんの多いこと。

それだけ、この映画製作に賛同してくれた方が多かったのか、とも感じました。

今、このタイミングで公開になったのは
日本にとって「運命」だったのではないのでしょうか?

10分の休憩をはさんだ作品ですが、個人的には休憩なくても一気に見れそうな気がしました。
そして、エンドロールになっても誰一人立たず、いや立てなかったというべきか。

日本映画の歴史に刻まれる1作になること、間違いないでしょう。

おいら、勝手に山崎豊子ブーム真っ只中でして

地上波の「不毛地帯」はもちろん、昼に再放送中の「白い巨塔」を録画し、ケーブルで放映していた映画版(木村クンバージョンぢゃないよ)「華麗なる一族」をがっつりと観て

あの時代に、女性が踏み込み難い社会に、深く切り込んでいった山崎豊子さまの偉大さを、改めて痛感しております。

偉そうに言ってますけど、原作を全然読んでないcoldsweats01
早く読まなきゃねーbook

| | Comments (0) | TrackBack (0)

着付教室・中級コース

今年の2月に始めた着付ですが

7月に終了しました。

そして、中級コースにランクアップしました。

正直、着る機会が減ると、すべて忘れてしまいそうな気分になるし

たった週に1度だけど、メリハリが出るんです。

11月からスタートし、すでに今日で3回目です。

手が変わると、混乱しそうな気がして

前回と同じ先生にしていただきました。

ってゆーか、先生のスケジュールに合わせて教室を決めたんですけど。

前回までの基礎コースでは

「着物が一人で着られるようになる」

ですが

中級は

「きれいに着る」

が目標です。

いろんなところに、バンバン着物を着て出かけられるように、また4ヶ月頑張ります!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | January 2010 »