« 沈まぬ太陽 | Main | きみに微笑む雨 »

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

公式サイトはこちらから

公開2週間限定が、延期になって・・・
気がつけば、最終週(;´▽`A``

あわてて見に行ったのが、水曜日。

上映時間に合わせて行ったら、すでに満席状態∑(゚∇゚|||)

出直して翌日の朝一に出かけても、1回目は満席・・・orz

恐るべし、マイケル。やっぱり貴方はケタ違いです。

そして、何がすごいって客層の広さ。

お母さんに連れてこられた、ちっちゃな女の子。
「おまえら、学校は?」と突っ込み入れたくなる高校生。
「お足元気をつけて」と声をかけたくなる老夫婦。

良いうわさが流れず、奇行ばかり報じられていたマイケルに、良い印象を抱けなかった時期も正直あった。

それでも、PVが流れればがっつり見るし、曲も聴く。

ずーっと追い続けてなくても

「ファンが望む曲を~」で編成されていた「THIS IS ITツアー」の編成に、知らない曲などなかった。

バックバンドに対しても「ファンが聴いている音と同じもの」を要求し、バックダンサーにも、丁寧に指導し、そのたびに「God bress you」でしめる。「Thank you」ではなくね。

妥協を許さず、ツアーメンバー全員を、マイケルの頭の中にある理想までに引き上げるために。

マイケルは「リハーサルなんだから本気にさせないでくれ。」と言っていた。

本気になったら、どんな歌を聞かせてくれたのだろうか?どんなパフォーマンスを見せてくれたのであろうか?

今となっては、それすら幻なんだよぉ。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

話はずれるが、三遊亭楽太郎が、円楽師匠に「生きていてくれるだけでいい」とおっしゃったことがあったそうだが

MJ、貴方も「生きてくれるだけでいい」と。失ってから初めて気づいた。

マイケルが残してくれたのは、音楽だけではない。

世界中の子供のこと、地球環境のこと、問題山積の世界から目をそむけないこと、一緒に立ちあがって行動を起こすこと。

そんなことまで、残してくれた。

KING of POP MJ Forever。

ありがとう、マイケル・ジャクソン。

マイケル全盛期に中学生だったおいらですが、自分でも驚いたのが、踊りを覚えてるんですよ。

そりゃー、マイケルみたいに踊れないけど、ピンクレディー並みに覚えてる。

「スリラー」なんて誰もがまねをしたけど、踊りを職業にしていたころにも、いっぱいまねして、あんな風に踊りたいと憧れていた自分がいたことを、改めて思い知った。

歌だって、口ずさめるよ。正しい英語じゃないけど。

スムーズクリミナルは「anybody walkin'」かと思いきや「Annei are you OK?」だしsweat01

静かに席に座って観ているのが、しんどかった。

絶対DVD買って、ばか息子たちに白い目で見られても、家で踊りながら歌いながら観てやる!

でも、ばか息子たちもマイケルのこと、好きですからwink

|

« 沈まぬ太陽 | Main | きみに微笑む雨 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89443/46881149

Listed below are links to weblogs that reference マイケル・ジャクソン THIS IS IT:

« 沈まぬ太陽 | Main | きみに微笑む雨 »