« マイケル・ジャクソン THIS IS IT | Main | ありがとう »

きみに微笑む雨

公式サイトはこちらから

この映画も上映最終週となってしまいました。

前売りは買ったんですけど、なかなか足が進まなくって。

ってゆーのも、ホ・ジノ監督作品、苦手sweat02でして。

「八月のクリスマス」は好きで、ここにも書いたくらいなんですけど

他の作品は、ちゃんと最後まで見きれていないというか、ここでも書けない。

ホ・ジノ・ワールドにどのようにウソンチャンが絡んでくるか

期待と不安が入り混じった中での鑑賞でした。

あっ、関係ないけど、B6サイズのクリアファイルもらいましたーscissorsちょうどおいらの手帳サイズで、うれしいっすheart04

で、ホ・ジノ作品にしては珍しく台詞が多い。でも、ほぼ英語。

韓国人と中国人との間での英語のやり取り。もちろん、お互い母国語ではないので、気持ちを伝えきれないもどかしさがあるところに、ホ・ジノ・ワールドがありましたね。

留学先で知り合い、恋心を抱いていただけに終わっていた2人が、思いもしないところで再開すれば、気持が盛り上がるのは当然だと思うんですけど

ですけどー!

男(ドンハ)は思い出の中の彼女と目の前の彼女を一緒にし
女(メイ)は今を見据えて生きているから過去のことなんか、どうでもよく。

なのに、お互いの今の状態がわからないまま突っ走ろうとする男に、少し苛立ち。

今では他の男のものかもしれない女の為に
昔、惚れていただけとゆー女の為に
会社の付き合いをむげに断るか~?
海外出張、勝手に1日延ばすか~?

おいらは「身勝手」だから、そんなことされたらheart01嬉しくなるかもしれないけど

我がばか息子がそんなことしたら「あほ・ぼけ・かすーpunch」と怒鳴ることは間違いない。

あー、いつものパターンで韓国映画・ドラマの役におちるんだよねsweat01

女もどうして良いか解らないまま接してしまう。余計に男を惑わす。
キスシーンの時のメイの雰囲気や表情、その後の行動にそれが出てしまうんだけど。

美男・美女の組み合わせというのもあるけど、キスシーンはよかったな~。

迷っているキス・受け入れるキス・拒むキス

これはカオ・ユアンユアンに拍手ですshine

そして、ハッピーエンドへ向かいそうな予感で、終わるんだけど、この終わり方は個人的に好きです。

この後に続くであろうドンハとメイのラブストーリーは、観客だれの目にも明らかなかなものだから

あからさまなハッピーエンドを描かなかった。

んー、これぞ韓国映画・アジアンムービーだわhappy02

ウソンチャン、純粋なラブストーリーは「私の頭の中の消しゴム」以来の2作目。
そんじょそこらにいそうな、独身サラリーマン役柄を演じるのは初めてでは?

なんか、等身大の映画を見た。

「GBW」みたいにどこかに連れて行かれるのではなく、今そこにありそうなストーリー。

たぶん、また見たくなる1作になるような気がしてます。

|

« マイケル・ジャクソン THIS IS IT | Main | ありがとう »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89443/46881153

Listed below are links to weblogs that reference きみに微笑む雨:

« マイケル・ジャクソン THIS IS IT | Main | ありがとう »