映画・テレビ

きみに微笑む雨

公式サイトはこちらから

この映画も上映最終週となってしまいました。

前売りは買ったんですけど、なかなか足が進まなくって。

ってゆーのも、ホ・ジノ監督作品、苦手sweat02でして。

「八月のクリスマス」は好きで、ここにも書いたくらいなんですけど

他の作品は、ちゃんと最後まで見きれていないというか、ここでも書けない。

ホ・ジノ・ワールドにどのようにウソンチャンが絡んでくるか

期待と不安が入り混じった中での鑑賞でした。

あっ、関係ないけど、B6サイズのクリアファイルもらいましたーscissorsちょうどおいらの手帳サイズで、うれしいっすheart04

で、ホ・ジノ作品にしては珍しく台詞が多い。でも、ほぼ英語。

韓国人と中国人との間での英語のやり取り。もちろん、お互い母国語ではないので、気持ちを伝えきれないもどかしさがあるところに、ホ・ジノ・ワールドがありましたね。

留学先で知り合い、恋心を抱いていただけに終わっていた2人が、思いもしないところで再開すれば、気持が盛り上がるのは当然だと思うんですけど

ですけどー!

男(ドンハ)は思い出の中の彼女と目の前の彼女を一緒にし
女(メイ)は今を見据えて生きているから過去のことなんか、どうでもよく。

なのに、お互いの今の状態がわからないまま突っ走ろうとする男に、少し苛立ち。

今では他の男のものかもしれない女の為に
昔、惚れていただけとゆー女の為に
会社の付き合いをむげに断るか~?
海外出張、勝手に1日延ばすか~?

おいらは「身勝手」だから、そんなことされたらheart01嬉しくなるかもしれないけど

我がばか息子がそんなことしたら「あほ・ぼけ・かすーpunch」と怒鳴ることは間違いない。

あー、いつものパターンで韓国映画・ドラマの役におちるんだよねsweat01

女もどうして良いか解らないまま接してしまう。余計に男を惑わす。
キスシーンの時のメイの雰囲気や表情、その後の行動にそれが出てしまうんだけど。

美男・美女の組み合わせというのもあるけど、キスシーンはよかったな~。

迷っているキス・受け入れるキス・拒むキス

これはカオ・ユアンユアンに拍手ですshine

そして、ハッピーエンドへ向かいそうな予感で、終わるんだけど、この終わり方は個人的に好きです。

この後に続くであろうドンハとメイのラブストーリーは、観客だれの目にも明らかなかなものだから

あからさまなハッピーエンドを描かなかった。

んー、これぞ韓国映画・アジアンムービーだわhappy02

ウソンチャン、純粋なラブストーリーは「私の頭の中の消しゴム」以来の2作目。
そんじょそこらにいそうな、独身サラリーマン役柄を演じるのは初めてでは?

なんか、等身大の映画を見た。

「GBW」みたいにどこかに連れて行かれるのではなく、今そこにありそうなストーリー。

たぶん、また見たくなる1作になるような気がしてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

公式サイトはこちらから

公開2週間限定が、延期になって・・・
気がつけば、最終週(;´▽`A``

あわてて見に行ったのが、水曜日。

上映時間に合わせて行ったら、すでに満席状態∑(゚∇゚|||)

出直して翌日の朝一に出かけても、1回目は満席・・・orz

恐るべし、マイケル。やっぱり貴方はケタ違いです。

そして、何がすごいって客層の広さ。

お母さんに連れてこられた、ちっちゃな女の子。
「おまえら、学校は?」と突っ込み入れたくなる高校生。
「お足元気をつけて」と声をかけたくなる老夫婦。

良いうわさが流れず、奇行ばかり報じられていたマイケルに、良い印象を抱けなかった時期も正直あった。

それでも、PVが流れればがっつり見るし、曲も聴く。

ずーっと追い続けてなくても

「ファンが望む曲を~」で編成されていた「THIS IS ITツアー」の編成に、知らない曲などなかった。

バックバンドに対しても「ファンが聴いている音と同じもの」を要求し、バックダンサーにも、丁寧に指導し、そのたびに「God bress you」でしめる。「Thank you」ではなくね。

妥協を許さず、ツアーメンバー全員を、マイケルの頭の中にある理想までに引き上げるために。

マイケルは「リハーサルなんだから本気にさせないでくれ。」と言っていた。

本気になったら、どんな歌を聞かせてくれたのだろうか?どんなパフォーマンスを見せてくれたのであろうか?

今となっては、それすら幻なんだよぉ。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

話はずれるが、三遊亭楽太郎が、円楽師匠に「生きていてくれるだけでいい」とおっしゃったことがあったそうだが

MJ、貴方も「生きてくれるだけでいい」と。失ってから初めて気づいた。

マイケルが残してくれたのは、音楽だけではない。

世界中の子供のこと、地球環境のこと、問題山積の世界から目をそむけないこと、一緒に立ちあがって行動を起こすこと。

そんなことまで、残してくれた。

KING of POP MJ Forever。

ありがとう、マイケル・ジャクソン。

マイケル全盛期に中学生だったおいらですが、自分でも驚いたのが、踊りを覚えてるんですよ。

そりゃー、マイケルみたいに踊れないけど、ピンクレディー並みに覚えてる。

「スリラー」なんて誰もがまねをしたけど、踊りを職業にしていたころにも、いっぱいまねして、あんな風に踊りたいと憧れていた自分がいたことを、改めて思い知った。

歌だって、口ずさめるよ。正しい英語じゃないけど。

スムーズクリミナルは「anybody walkin'」かと思いきや「Annei are you OK?」だしsweat01

静かに席に座って観ているのが、しんどかった。

絶対DVD買って、ばか息子たちに白い目で見られても、家で踊りながら歌いながら観てやる!

でも、ばか息子たちもマイケルのこと、好きですからwink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沈まぬ太陽

公式サイトはちらから

約4時間の超大作。
公開初日の渡辺謙さんの涙
内容もさながら、時間的にも気合を入れてみなければrock

で、気合を入れてみましたscissors
なので、気合を入れてsign02感想を。

エンドロールに「フィクション」を強調しておりましたが

誰が何と言おうと、とある航空会社がモデルであることは明白なんですけど

大なり小なり、このようなことが行われていたとすれば
現在の姿はあるべき姿であると思います。

時代背景は高度経済成長期のお話ですが、この現在にも十分にあり得るし、通用するものだと思います。

「長いものに巻かれろ」は確かな処世術なのかもしれない。

でも、そこに自分の良心に反するものがあったとしても、それを飲み込んで生きて行く覚悟があるのだろうか?

じゃあ、おいらは?
長いものに巻かれてる?たとえ巻かれていたとしても、自分の意に反することをのみこんで生きてる?逃げないで、その場所で闘い続けられる?

政治的な部分も面白く、この時代の内閣を改めて調べてみたくなったし。

もう一度映画館で・・・

というのは、時間的に厳しいけど、ちゃんと時代背景などを勉強しなおして鑑賞しなおしたいです。

「大作」というのもあるけど、俳優も贅沢な使い方をしてましたわ。

えっ?ここだけ?って感じで登場された女優さん・俳優さんの多いこと。

それだけ、この映画製作に賛同してくれた方が多かったのか、とも感じました。

今、このタイミングで公開になったのは
日本にとって「運命」だったのではないのでしょうか?

10分の休憩をはさんだ作品ですが、個人的には休憩なくても一気に見れそうな気がしました。
そして、エンドロールになっても誰一人立たず、いや立てなかったというべきか。

日本映画の歴史に刻まれる1作になること、間違いないでしょう。

おいら、勝手に山崎豊子ブーム真っ只中でして

地上波の「不毛地帯」はもちろん、昼に再放送中の「白い巨塔」を録画し、ケーブルで放映していた映画版(木村クンバージョンぢゃないよ)「華麗なる一族」をがっつりと観て

あの時代に、女性が踏み込み難い社会に、深く切り込んでいった山崎豊子さまの偉大さを、改めて痛感しております。

偉そうに言ってますけど、原作を全然読んでないcoldsweats01
早く読まなきゃねーbook

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キム・ジウン監督

もしかして、監督業っていいかも(^m^)

って思わせてくれたのは、「GBW」でのキム・ジウン監督。

どー考えたって

「好きな俳優を呼び集めて、やりたいことをやらせちゃった♪~( ̄ー+ ̄)v」

って感じでさぁ。

インタビューでも

「この3人を呼び寄せたことで仕事は終わった。」

的なこともおっしゃってた気がするし。

ビョンホンニムには

「良い奴・悪い奴・変な奴・酷い奴

の称号をいただいてるけど

(たしかにさぁ~、甘い人生では土砂降りの中、土に埋められ、乗馬練習して足骨折したって言ってるのにもかかわらず、回答が「キダリセヨ」だったんだもん。これ以上酷いこたぁないかもよ。)

それでもまた、一緒に仕事するんだもん。

やっぱりいい監督なんだよね。

改めて感じたのが

今年の頭に「W KOREA」の企画で
キム・ジウン監督がウソンチャンと

「선물/Present」

とゆーショートフィルムを撮っていて

つい最近(かなり遅め~^^;)その予告編を見たんだけど

これが「キム・ジウンワールド」

っつーか

「甘い人生テイスト」

でさぁ。

おいら的には(>ω<)もう、サイコー!

てなわけで、ようつべ・・・ぢゃなくてYouTubeからお借りしてきました。

ちょっとだけ、ソヌをウソンチャンがやったら・・・

って想像しましたけど・・・

けど、やっぱり

ソヌはビョンホンニムだわ。

だって、もっと深く穴掘らなくちゃいけないじゃない(^m^)

↑そこかよーっimpact

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【ネタばれあり】パク・チャンイ

ひと癖あるキャラクターはこの人にしかできんな。

でも、片目を隠すような髪型にするのは…ナンデsign02

ブラックスーツに身を包む馬賊なんて、あり得んでしょsign03でも、これがいいんだなぁheart01
チャンイってゆーキャラクターを映し出しているような気がして。

キム・ジウン監督も、最初の打診で断られるたびに、ビョンホンニムが振り向いてくれそうなキャラクターに修正してった気がする。

チャンイは他の誰にも出来ない。

韓国公開時のポスターなどを観た時の印象より、映画館で観たチャンイのほうが怖くなかった。

あんな人がホントにそばにいたら、マジ怖いんだろうけど

「残酷」の瞬間とそうでない瞬間が交錯してたからかもしれない。

キム・パンジュの最期の時の

目の前に拳銃を突きつけられても、冷静に一撃で倒す。

そこに「ムーンライトセレナーデ」に合わせてターンですよ。

血なまぐさいところで、ナッツかなんか食べてるし

金庫を開けて、宝石の入った袋を観たときのあの表情。

あそこのシーンが一番好きでした。

乗馬も、銃撃戦も、腹筋もsign02良かったけど

狂気と冷静とが背中合わせのチャンイにはやられちまったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【ネタばれあり】パク・ドウォン

絵になる男ですのぉheart04

改めて痛感したウソンチャン。

キム・ジウン監督も、それを求めてたんじゃないかな?

列車から投げ出されて、何にもない砂漠をユン・テグ追いかけながらライフルで狙うのって、一歩間違えれば滑稽になりがちなんだけど、そこがないんだよねぇ。

何をやらせてもかっこいいlovely

ため息満載なのは、闇市での銃撃戦。

前作中天はワイヤーアクション満載だったけど
今回はロープアクション。

ロングコートをなびかせて、一瞬スーパーマンが来たかと(笑)

感心するというか、ため息が出るというか。

後日談で、この時骨折をしていたとゆーからshock

ビョンホンニムが「もう少し体を大切に」とアドバイスするのもうなずける。

後半の全軍入り混じっての銃撃戦もすごかった。

日本軍を1人で振り回しちゃうし。

なんであんなに日本軍に対して、マジになっちゃうのって思ったけど

帽子を打ち抜いたのは日本軍だったからねぇsweat01

競馬好きがきっかけで、乗馬をかじったことがあるんですけど

horseウソンチャンの乗馬の巧さは「お見事shine」の一言に尽きます。

イギリスの元競走馬を「ドウォンの愛馬」にするとゆー、キム・ジウン監督もすごいけど、乗りこなすウソンチャンもすごい。

(おいら、元競走馬で乗馬に転向した馬に乗せてもらったことがあるんだけど、奴らプライド高いし、ちょっとしたことで闘争モードだから、なめられると本当にずぶくって動かないし、気を抜いて走らせると、振り落とされるかと思うくらいだし。←それ以降、騎手を悪く言うのはやめようと心に誓ったおいらです。)

バイクで逃げるテグを一発で仕留めて、お馬しゃんと一緒にそばまで行って降りて、ドウォンだけテグに近寄るシーンのときに、お馬しゃんも一緒に付いてくるんだけど、そこだけで鳥肌もんですよ。

お馬しゃんは群れをなす習性があるので、たった1頭だけ別の走りをさせたりするのは、鞍上への強い信頼感がないと、できないもん。

黒鹿毛好きのおいらとしては、このお馬しゃんも好きになっちゃいました。

おいらもお馬しゃん同様、手名付けてほしいっすhappy02

ビジュアル的には印象を残すものの、キャラ的にはテグとチャンイに勝てなかった気がする。

だから、映画を観終わった後に何したかとゆーと、ウソンチャンのDVDを観てしまったdown

のちに、オフィシャルブックを買って、カットされてしまったバックグラウンドを読んで、腑に落ちたんだけど、読んだことによって、ビジュアル面を浮き立たせてインパクトを残すことを考えれば、キム・ジウン監督の構成で良かったのかなって。

ウソンチャンも、ドウォンのどこを魅せたら良いかを解っていたからこそ、これでいいのだって、かえって納得。

しばらくは、ドウォンのビジュアルにずっぽし浸っていることにしまーすheart04

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ムチャクチャデイイノダ!

・・・「ムチャクチャ」っつーか「ハチャメチャ」だよimpact

GOOD BAD WEIRD

韓国での公開から1年。

日本で、スクリーンで観る

を胸に抱いて、早1年。

おいらのまわりじゃー、すでにDVDで鑑賞済みの方も多く、公開している割には盛り上がってるかーいlovelyてな雰囲気があんましないんですけどぉdown

それでもいーんです。

おいら一人で盛り上がっちゃいますからhappy02

実はですね、先週のレディースデイに見てきたんですけど、ここにはすぐに書けなかったんです。mixiのレビューはさっさと書けたのにね。

何故かって、書きたいことが山ほどありすぎて、こんなにまとまらないのが初めてだったから。

韓国のサイトも日本のサイトも

もちろんいつもお邪魔しているブログにも、この話が少しでも載ってそうなら

あえて伺わなかったので

ほぼまっさらな状態で見に行っちゃったもんだから、もー大変。

何が何だか分からないくらいに興奮してたもんなぁ。

韓国映画を見て、涙することなく、何も残らず、ただただ楽しんだのは初めてじゃないかな。

やられました。

で、1週間のうちに2回も見てしまったのであります。

なので、しばらくはGBWの話で一人盛り上がっていきますので、ほっておいてくださいねbleah

| | Comments (0) | TrackBack (0)

泣きました

世間では、オリンピック一色ですが

おいらは・・・

リアルタイムで観たいけど・・・

・・・見ると残念な結果になるんだもんcrying

そんなわけで(かぁ?)

昨晩は、ザ・ベストハウス123なるものを見ていたのですが

お馬しゃん好きには、涙ナミダの物語だったんです。

馬と人間の感動ドラマ。若くして散った悲劇の名馬BEST3

第3位 流星の貴公子 テンポイント

第2位 京都に愛され散った ライスシャワー

第1位 ダービー馬 トキノミノル

ライスシャワーの宝塚記念はリアルタイムでテレビで一部始終を見ていたし、ライスくんのパネルが飾ってあるほど、思い入れ十分な馬なので、もう号泣です。

テンポイントが活躍していた時期は、さすがに競馬に出会っていなかったけど、やっぱり伝説の名馬だもん。知らないわけがなかったけど、担当厩務員さんのお話が、ここで聞けたのは貴重でした。

さて、さて

トキノミノル号に関しては、東京競馬場にトキノミノル像があるくらいで、ぜんぜん知らなかったのねcoldsweats01
だから、なんで銅像になってしまうような馬だったのか、初めて知ることが出来ました。

次に東京競馬場に行ったら、真っ先にトキノミノルに会いに行こうと思ってます。

お馬しゃん、特に競走馬は「道具」のように扱われている印象を受ける方が多いと思いますが

それはあくまで勝負の世界だから、そう目に映るだけであって

どんなお馬しゃんでも、1頭1頭、本当に大切にされているんです。

先月お邪魔した、栗東トレセンでお会いした皆さん口を揃えて

「私たちは生き物を扱っています。」

っておっしゃっていました。

やっぱり「道具」ではない、「生き物」だからこそ、そこにはドラマがたくさんあるんだと思います。

お馬しゃんに触れ合える機会って、意外とあるんですよ。ぜひとも会いに行ってあげてください。

やっぱりいいな、お馬しゃん♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カンヌ国際映画祭

この季節になると、一度は書くのに、今年は乗り遅れ

気が付いたら閉幕してましたsweat01

まっ、そのあたりの情報は、お友達ブログにたぁ~くさん載ってますから

バンバン飛んでいってくださいね~(なんちゅー手抜きcoldsweats01

というのも、ちょっぴりさめてた今回。

一昨年、「甘い人生」が招待作品で呼ばれたときの扱いannoy

あんまり待遇良くなかったんだよな~downって。

でも、今回はなめられた扱いをされなかったようで、一安心です。

おいらの記憶が間違ってなければ、ウソンチャン以外はカンヌ経験者。

韓国の映画が、こうやって世界に広まっていくのはいいものですのぉheart04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パブロフな私

昨日、今日と「タイタニック」が地上波で放映です。

おいらにとって話しているだけでも涙の出る映画のリストにこの映画はなかったんだけど

番宣見て、ばか息子たちに話していたら・・・
crying泣いてましたsweat01

この映画は映画館でも見ているんだけど、その時も泣いたなぁ。

まっ、そんな事はともかく

今頃気が付いたことがcoldsweats01

レオナルド・ディカプリオ扮するジャックが、ケイト・ウィンスレット扮するローズの肖像画を描いているシーン。

あの「美しき日々」のヨンスがミンチョルの絵を描いている時と同じ雰囲気。

照明といい、キャンパス越しの視線といい・・・

あれって、テッパンなのかな~。

どっちにしても、ステキだぁねheart04

| | Comments (4) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧