書籍・雑誌

「マラソン」の原作本

7/9付けの朝日新聞の記事の大見出しです。

「自閉症 理解深めて」

蓮池さん、映画「マラソン」原作を翻訳

韓国人母の愛「頭下がる」

だそうです。大鐘賞受賞の翌朝に記事ですから、まさにタイムリー!

「走れ、ヒョンジン!」(ランダムハウス講談社)というタイトルで7/8発売されたそうです。

記事にはモデルとなったペ・ヒョンジンさんとお母さんのパク・ミギョンさんのお写真が出てまして、映画のイメージと重なりました。そういえば「マラソン」の監督さんはペ・ヒョンジンさんと一緒に走りながら、本を書いたっていってましたっけ。

そしてオモニバク・ミギョンさんは45歳なんだそうですが、写真を見る限りもう少しお年を召された感じ。それだけ苦労も多かったのかもしれません。

さて、蓮池透さんはこれが翻訳第2作目だそうです。先ほどの大見出しは蓮池さんのコメントです。映画の「マラソン」も見られたそうで、「人前で涙を見せることはあまりないが、これは泣けました。妻子の前で涙を隠すのに苦労しました。」長い年月北朝鮮で暮らしていても、マインドはやっぱり日本人のままなんですね。いいぞ!蓮池さん!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)